コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバー覇-LORD-2 Y』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 フィーバー覇-LORD-2 Y
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
80001495擬似スリーライン
925サクラ
162バトル
157確定音
711次回
695次回
71移動
65001233山のフドウ
14
42黄色トキ
12ラウンド
22トキ
897カウントダウンラオウ
15赤文字
16
24ケンシロウ
22北斗七星ラオウ
255ムービージャギ
1952ラウンドチャンス目
79やめ
総投資額 14500円
総回転数 1008回
大当たり回数 18回
確変回数 18回
総出玉数 5765個
換金額 23060円
収支 8560円

■無理して

そんなわけで、地元に帰ってきたのは昼を少し回った時間。これからでも、十分「勝負」になる時間帯だ。I店(等価)に着くと、先乗りしているリュウジくんを発見。ハイミドルタイプの「ルパン」に取り組んでいる最中。二三日追いかけているが、結果がなかなか出ないらしい。

さて、冬月はまずへそがアケになった『カメレオン ミドル』から触ってみた。しかし、あちこちのマイナス調整が響いてダメな感じ。お次は甘の『リング』そして『麻雀物語』なんかも打ってみたが、見た目よりも回らない。

うーむ。ちょうどその時、三共の『フィーバー覇ロード 甘』が空いたので釘を見てみると、いつもよりは打てそうなナリをしている。とりあえず500円分の玉を借りてみたところ8回転しかしない。まあ、もう少しとばかりに、500円。ところがこれが回らない。ヘソに入ったのはわすが4個のみ。

これはアカン!とばかりにカードを抜いて席を立とうとしたところ、保留が変化して、擬似連になった。二回だか三回続いて、トリプルリーチに発展。他にはさしたる予告も絡まなかったので、「当たるまい」と思っていたが、一応立ったまま成り行きを見ていると、当たりだった。赤い図柄の「5」が並んだ。

慌てることもなく、席に戻り玉を借りて大当たりを消化。良かった!のかどうか。まあ、当たることは悪いことではないことは確か。ST+時短がつく仕様。STでは当たらず時短に突入する。ところがリーチもかからずに、時は過ぎる。時短も終わりかけた時にチャンス到来。

保留がサクラ柄に変化している。これは激アツだろう。当然のようにリーチが成立して大当たりとなった。「555」が並ぶ。そして16回転でバトル勝利、15回転で確定音が響いて「777」。これはラッキーなビッグラウンド。そして時短でさらに2回当たった。

ラッキーにも6連チャン。しかし、電チューサポート中に玉は減るは、アタッカーは悪いはでどうにもならないと思う。元々ヤメるつもりだったので、思わぬ拾い物をしたと思って、玉を流す。3000個に欠ける程度。

さあ、次はどうするか? 無理して打てるとすると『ユリア』だろうか。回りはたいしたことがなくても、スルーさえ抜けてくれれば、30回転の時短でも玉を増やせる。電チューへの寄りがいい台があるのだ。

まあ、これでダメならば「帰る」と決めて打ち出すとしばらくしてから、赤オーラから「3」がテンパイした。「3」「7」のテンパイはそれだけでかなりレアでありチャンスとなるユリア。リーチは「山のフドウ」。果たしてどうかと、見ているとそのまま大当たりとなった。12Rのビッグ。

最近は打っても打ってもSTでは当たらないことが多かったので、おそらく今回もそうだろうと悲観的に物事を考えていたが、1回転目に役モノがドン! 4回転目にトキに遭遇。1回転目に2R玉ナシ。そして2回転目に赤エフェクトからトキに遭遇と実質4連チャンしてくれた。久しぶりな感じ。

そして、チャンスは確率ラインを超えたところでもう一発。カウントダウン予告から「7」がテンパイ。そしてラオウのリーチへ発展した。カットインもキリン柄ではなく、赤文字も出なかったが、途中のアクションで屋根がドンと落ちた。これは当たるか!? おお当たって12Rゲット。これがまたうまいこと6連を呼んでくれた。

連チャンが終わって打ち込みに入ると、どうもやはり回りに無理がある。あ然とするほど回らない瞬間も訪れる。どうしようかなあ〜とダラダラ打っていると、195回転目に2Rが当たった。でも玉もなくそのままスルー。


■基本的人権は……

うーむ、確率ラインまで未練たらしく打ってみたが、当たりは来ない。というか来なくてもいいけど、夜まで打てるのか?という問題がある。夜まで打てないのならば、ここで撤退でもいいだろうと思う。幸い、わずかな浮きになっているわけで。攻める価値がなければ撤退する、これ兵法の極意!(ホントカ 笑)

朝から『ルパン』で苦戦しているリュウジくんに、差し入れをしてから店を出る。外に出れば、空気は冷たく空は青い。しかし世の中は「天気晴朗なれど波高し」。憲法「改正」の動きなどが現実になるかもしれない。集会結社、言論の自由などに関わる基本的人権の制限もささやかれている。

この国はいったいどこに行くのか?と思うとまた気持ちが沈んでいく。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る