> > 『CRオークスチャンス PW』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRオークスチャンス PW』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 先日、777@niftyの今年最後の会議そして忘年会があった。会議は、大都会・新宿のとある高層ビルの一室で行われるのだが、飲み会は西新宿の大衆的な居酒屋である。会議を終えてから、タッキーと会場に向かうと、少しばかり早目に着いた。手持ち無沙汰なので、2人で熱燗を頼んでチビチビやっているうちに、メンバーが揃った。

今年から777を去った苗さん、初代編集長のともさん。ライブの写真撮影までしてくれたダミアン兄貴。まあ、本当にお世話になりました。しかし、編集部員のキーマや王子は来ていない。キーマは吐気などを伴う風邪でダウンだとか。そういえば、目の前にいるミナヤンも「胃腸炎でお湯しか飲めません」だとか。うーむ、ノロウイルスなど、お腹にくる風邪が大流行しているようなのだ。

冬月は、今年は生まれて始めてインフルエンザの予防接種もしたし、普段から野菜中心の少食健康生活を続けており免疫をアップさせているから大丈夫だ!

しかし、宴もたけなわの頃からなんだか疲れている自分がいたので、少しばかり早く上がらせてもらった。駅からは、最終バスに乗り込んで帰宅。グッスリと寝ていたのだが、明け方に吐き気がして目が覚めた。胃のあたりが鉛を飲んだように重くて気持ちが悪い。あ〜! 間違いない。例のアレだ。

しかし、その日も次の日も取材そして、代わりのきかない絶対に休めない仕事があり、フラフラになりながら出掛けた。帰宅すると倒れるように寝るだけ。水分補給は大事らしいが、それもろくにできず二日間は飲まず食わずの絶食で過ごした。

三日目はやっと休める平日。身体の調子もだいぶ回復傾向だ。朝起きると久しぶりに空腹感があった。お湯を少し飲んでから、リンゴをひとかけ食べてみた。天にも登るような甘さと美味しさ。健康これ、ありがたし!

さて、そんなだったからパチ屋に顔を出すことは叶わず。今回の実戦は過去のデータでご勘弁してもらいたい。某月某日。かつてのホームだったK店(等価)を覗いてみた。もはやお店としては壊滅的な状況だと聞いていたので、どんなものかなあ?と。しかし、予想に反してお客さんはそこそこ付いていた。とはいうものの、一シマに二、三人程度だが。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る