コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間 FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10000円
総回転数 3510回
大当たり回数 26回
確変回数 8回
総出玉数 0
換金額 0
収支 -10000円

今日はいけると思う

さてどの島から見て行こうか。今週入った新台は全く興味がないのでスルーして、『AKB48』と『仕事人 桜花乱舞』から見ていくと、なるほど今日はこの店もやる気のようだ。いつもの開け幅よりも一回り大きい。更に奥へ行くと、どっこい羽根デジは今日のところはあまり出す気はないようだ。『花の慶次〜漢』も今日に関しては全く駄目。

そして最後に見てはいけないものを見てしまった。『CRリング 呪いの7日間FPL』がこの間打った時よりも一回りでかい。もう二度と打つまいと、この間誓ったばかりなのに思わずキープしてしまった。懲りないやつだと自分でも思う。今日のこの釘ならば1000円26回を下回ることはないと思う。まあそれでも等価じゃないので安いといえば安い。

早速打ち始めたのはいいが、どうも玉の動きが一定じゃなく1000円25回にも届かないような回り。何処か分からない個所を締められたのだろうか。いっこうに上がらないままずるずると10000円まで入れてしまった。その234回転目のことだった。ギミックが片手だけだが落下して「鏡」リーチへと発展。金のカットインはあったものの、まさか当たるなんて思いもしなかった。「666」は5R。一瞬、今日は何かが違うぞ、と思ったものの当たりはこの一回だけでSTはスルー。

どうも微妙なストロークのせいだったのか、左打ちに戻した途端、先ほどとは打って変わって猛烈に回るようになった。更にこの少ない玉で食い付いた。123回転目は小当たりではなく2Rのランプがピカリと光った。その13回転目、赤い文字で「ピピピ」ときた。疑似連は一回ながら「怨念」リーチの手帳がパラパラと捲れたそこには「アタック藤丸くん」の姿があった。結果、「貞子終焉」リーチに発展し当たった。STに入ると13回転目に早々と連チャン。「222」が「333」へと昇格して16Rをゲット。でも当たりはこの二回だけで終了。

驚いたのはこの次。再び赤い文字で「ピピピ」ときたので期待して見ていると、スーパーにすら発展せず、なんとノーマルリーチがビタ止まり。あ〜、驚いた。確か以前にも一回あったような。大当たりの半分ぐらいがこんな風に当たれば楽なんだけどなあと思う。STに入ると46回転目、まずまず助かった感のある突確でSTのやり直し。ここから前半ばかり、11、12、7、15と当たり続け5連チャン達成。16Rも二回出たので玉は一気に10000個近くま出た。やはり今日は何かが違う(笑)。


やっぱりこうなってしまうのか

回りのほうも20後半の勢い。これが持続すればいいのだが。その後も当たりは快調。240回転目には「貞子覚醒」リーチがモノになる。しかし今度は2連チャン。更にこの後は単発と、徐々にいつものペース。そしてやっぱりこうなった。400、500、600と何も起こらない状態が続く。

更に700、800、900も越えてしまった。このまま飲まれて終わりなのか。920回転目、緑の保留から金のエフェクト発生。突如ギミックが落下し「デジャヴパニック」へと発展したではないか。思えば今日は確変中一度もこれで当たっていない。これが危険度「小・中・大」とまずまず期待できる演出で一旦外れはしたが復活して無事当たった。

STに入ると、乗れてるんだかそうじゃないのか1回転目のヘソ消化で当たってしまった。「111」が昇格もせず10Rの当たり。そして今日初めてST中の「デジャヴパニック」で当たった。突確も絡みながら実質6連チャン。しかしせっかくの連チャンも5Rと10Rばかり。やっぱり乗れてない。

嵌りの後は早々チャンスがやってきた。231回転目、小当たり演出かと思いきや、突如ギミックが落下し、「貞子終焉」リーチへと発展。へえ、こんな展開があるなんて初めて見たぞ。それなのに外れてしまうなんて、ああ無情。395回転目には特に熱い予告もなく「貞子覚醒」リーチが掛かる。こんなの最後のカットインが最強じゃなきゃ当たるはずもない。その最後のカットインの場面になるとデカボタン出現。プッシュすると「デンジャー柄」で一気に期待度も跳ね上がったが冷やかしだった。

結局嵌りのあともまた嵌りで729回転を要してしまった。疑似連が三回続き、帯のようなエフェクトが「デンジャー柄」という派手な演出。「井戸」リーチがモノになったが、10Rと5Rの二回だけの当たりで終了とは。巻き戻し演出で突確が当たるも運命は変わらなかった。できれば朝の時点まで巻き戻したい心境。

しかし次にとうとう早いのがやってきた。わずか91回転目、2Rランプが光ったぞ。通常時はやたらと疑似連が掛かったり、当たらないリーチばかり掛かるくせに、肝心な時は実に静かなもんだ。リーチさえ掛からずあっという間に後半になってしまった。STもいよいよ終わろうかという64回転目、救われた思いの突確を再びゲット。これにて電チューサポートが付いた。ところがだ、まさに痛恨と言っても言い過ぎじゃない、この期に及んでSTをスルーしてしまうなんて。

結局はいつも通りの展開。この後、幾度となく熱い演出が掛かったものの当たりには至らず、遂に持ち玉は尽きてしまったのだった。もう打つのも恥ずかしいし、コラムに書くのも嫌になってしまった。

でも不思議と一晩眠ると、またふつふつと妙なやる気みたいなものが湧き出てくるものなのだ。それでもやっぱり明日は違う台を打ちたい……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る