コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこAKB48
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 53000円
総回転数 ***回
大当たり回数 2回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -53000円

■休み

仕方がないので、わずかなアテを求めてA店(等価)に行ってみる。朝イチなので、人は少なめ。この店もすっかり1パチが増えた。まあ不景気の影響は大きいから仕方ないのだろう。一日で何万円も使えるほど、財布の中身がある人は少ない。

ざっくりと見ていくと、いつものようにぱっと見は打てそうだ。これが食わせ物が多いわけだが……。さて、どうしようか。久しぶりに『AKB』でも触ってみようか。右側の調整がさほどひどくないことと、ヘソのアケからの判断。

どっちみち、データ管理がしっかりしており、台による回転率の差はたいしてない(と思う)。釘もほぼ一律調整だから、まず面白みがない店なのだ。この辺がI店とは大違いということ。角から2番目に着席して打ち出すと、釘を見歩いて着席する風情の二人組が登場。I店でよく見かける夫婦のプロだ。

ふーん、この店にも来ているのか? リュウジくんが「掛け持ちとかひどいんですよ。マナー悪くて」とかつて言っていたので、冬月もあまりいい印象は持っていない。まあ人はそれぞれだから、人それぞれのやり方で生きていくべし。

さっそくサンドに福沢さんを投入していくと、3000円で60回転ちょうどとなった。オーバー入賞が4個あったから、まあ打てなくはない。これがホンモノならば。贅沢や四の五の言っていられる身分ではないのだから。

しかし、当たりはこない。1万円で198回転。2万円で389回転。3万円で591回転。うーん。何も起きないし、回りも低下気味。そして3万1000円目で12回転しかせず、次の500円で4回転しかしなかったところで、早くもココロが折れた。

この間に当たりそうだったのは、「じゃんけん大会」が2回。そして冷やかしのゼブラが1回。どれも予告の複合がなくて当然のようにハズレだった。ちょうどその時に隣の台が空いたので移動を決め込む。

チラリと見る限り、まずまず回っている印象だった。冬月が打っている間に単発を2回。いずれも飲まれて撤収の模様。最初の1000円で26回転のウェルカム。次も25回転と夢のように回る。もちろんこれは夢である。一時的な現象。

とはいうものの、ステージからの入賞は明らかに最初の台よりは良い。ということでまた際限なく投資を続けていく。1万円で201回転となった。やはり打てそうな、そうでもなさそうな。そして総投資が43000円にふくれたところで、保留が青から赤に変化した。

激熱の文字も出て疑似連に。かかったリーチは「会いたかった」の実写のやつ(だったと思う)。いまだに何がどうなっているか予告が把握できてないが、フラッシュも発生していたから、まずまずアツいだろう。

おっとようやくの大当たり到来。しかし昇格はナシの単発というお約束だった。まあ、ありがちですわ。確変が50%なのだから。もう少し打つか。玉を使って、再投資していくと「じゃんけん大会」発生。さしたる予告もなかったので「当たるまい」と思っていたが、これが大当たりですと。相変わらずよく分からないなあ。


■世界のことでも

そして、これがまた単発。追加投資をしたところで回りが急降下といういつものパターンで今度は本当にココロが折れる音がした「ポキン♪」。くだんのご夫婦は快調に当たりをかさねている模様。

それを横目でチラリと見ながら、A店を後にする。その後近所の店を3軒ばかり覗いたが、どこもある意味、外よりも寒々しい感じだった。まもなくクリスマス。街並みはそんなムードだが、我がココロもサイフも寂しくなるばかり。でも、いつかサンタは来るだろう(多分)。

年末の大敗はとても痛い。せめて読者のみなさん。メリークリスマス。良い一日を! そしてこの「世界」が少しでも平和の方向に向かいますように。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る