コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 21000円
総回転数 2911回
大当たり回数 58回
確変回数 16回
総出玉数 21148個
換金額 52500円
収支 31500円

突然の嵌りが……

さて、今回の実戦は去年散々苦しめられた『CRリング呪いの7日間』の甘。いつもそうだが、この台を打つ時は、今日こそはじっと我慢して一発も無駄な玉を打つまいと心に誓って望むのだが、大概は当たりが足りなかったり、連チャンしなかったりというのがほとんど。時にはあまりの小当たりの多さに嫌気がさしてぶん投げてしまうことがあった。

回りのほうは1000円25回ぐらいはあると思う。玉増えも十分といえるぐらいにある。出だしも順調だった。2000円で食い付いた。連チャンはなし。飲まれて買い足しに入る。3000円ばかり追ったところで保留が赤に変わった。デンジャー柄も出現し、「貞子終焉」リーチで当たった。「888」はわずか2R。しかしこれも単発。

飲まれて更に買い足すも、わずか1000円で「ラッキーパト」出現で大当たり。これがようやく3連チャンまで伸びた。そしてここからは順調に当たりを重ねてゆく。61回転目にはいつも小当たり演出しか見ることのない「竜司」ステージからテンパイし「貞子終焉」リーチがモノになり、これもまた3連チャン。102回転目にはミニ貞子が持つプラカードには「灼熱」の文字。なかなか今日は見所があるとこの時感じたのだった。今度もまた申し合わせたように3連チャン。それでも羽根デジならば十分な玉を持ったといえよう。

ところがここから状況は一変。あっと驚く嵌りが待ち受けていようとは。まずは500回手前で持ち玉が無くなった。いつもならばぶん投げるところだったが、今日の台は何よりも玉増えが魅力。何度目かの買い足しに入ったところ、541回転目、青の保留ながらデンジャー柄の紙切れが出現。ミドルも含めて、レインボー柄は何度か見たことがあるが、逆にデンジャー柄を見るのは初めてのこと。これが「貞子覚醒」リーチに発展したのだが、後半にかけての演出が弱かったのだろう、敢えなく外れてしまった。

そしてここからは羽根デジとしては『信長の野望』で1000回手前まで嵌った時に次ぐ不本意な記録を樹立してしまった。600、700、800も越えた。この間、疑似連さえもなかった。まるでミドルでも打っているような気分。相性が悪いという一言では言い表せないだろう。

869回転目、青い保留にもドキッとするようになってしまった。「幼少貞子」リーチで画面右側に映る家が金色に輝いた。この台は金系の予告は別格といえよう。これが発展し、カットインでは待望のデンジャー柄が出現。長い嵌りを抜けた瞬間だった。ここまで使ったお金は全部で21000円。等価じゃない限り、羽根デジとしては限界。肝心の連チャンもどういう訳だか、3回を超えることがない。それでもどうにか持ち堪えた。


よくぞ持ち堪えた!

さすがは羽根デジというのか、あれだけ嵌っておいて次は何事もなかったかのように早いのがきた。57回転目にあっさりと当った。単発が。94回転目には突確ゲットと思いきや14Rのランプが点灯。嬉しい一発だった。連チャンのほうは2回だけ。

62回転目、とうとう来た! 疑似連が二回続き、画面には金色の「呪」の文字。経験上、ほとんど当たっているので安心して見ていると、「幼少貞子」リーチから「555」と三つ揃った。1回転目にはヘソからの突確でがっくりしたものの、更にまた1回転目に巻き戻し演出から突確ではなく14Rをゲット。ここから、6、12、1と続けて役物が落下し当たった。22回転目には「呪いの刻印」からプッシュボタンではなく「ラッキーパト」が出現。外れることもあるがこの時は当たった。更に21、1、13、15と続いて10連チャン達成。

この後もストレスなく当たり続けた。というよりもあの嵌りさえなければと思うと、残念でしかたない今日の一日。101回転目には突然レインボーの背景になり当たった。2連チャン。229回転目には14Rを含めた3連チャン。この部分だけ見るといかにも乗れてるような展開が続く。55、45、56と、ほとんど終わってもすぐ当たるような状況。あれだけ嵌ったとはいえちょっと出来すぎの感。連チャンのほうも3連チャン、2連チャン、8連チャンといった具合。

締めは、立て続けに4連チャンを二回取り終えたところで閉店の時間になってしまったのだった。出玉はミドルも甘も含めて『リング』では初の20000個超えを達成。なんとも表現し難いとっても長い一日だった。

もう二度と打つまいと何度も思いながら、気付いた時には大好きな台になっていたというのはここだけの話にしてほしい……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る