コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
ダルマゲドン
5500円
10000円
リング
6000円1465デンジャー柄・金文字井戸
2000円70+173突確
1500円331緑保留・呪いの電話・ギミック・デンジャー柄貞子終焉
70+941赤襖貞子終焉
25貞子接近
70+2181金背景デジャヴパニック
136貞子接近
415レインボーデジャヴパニック
708最後のあがき
176貞子接近
70+3525ラッキーパト貞子覚醒(陽一)
70+975デンジャー柄怨念
104貞子接近
521赤エフェクトデジャヴパニック
255金エフェクトデジャヴパニック
14赤エフェクト貞子接近
53赤エフェクト貞子接近
297赤ランプ・金エフェクト・アタック藤丸くんデジャヴパニック
273赤エフェクトデジャヴパニック
372恐い顔デジャヴパニック
75終了
総投資額 25000円
総回転数 1867回
大当たり回数 20回
確変回数 6回
総出玉数 15600個
換金額 39000円
収支 14000円

大失敗の始まり……

さて、肝心のパチプロ実戦のほうだが、本来ならばまったく打っていないためデータも無しってことになるのだろうが、ちょっとそれも寂しいので、またまた『CRリング 呪いの7日間』で恐縮だが、これもまた乗れてないのを象徴するようなものだったので書いてみようと思う。

前回は甘の『リング』だったが、今回はミドルのもの。この日は『リング』を打つ前に、二台ばかりにけっこうな時間を費やしたのだった。初めに打ったのはライトミドルの『ダルマゲドン』。まずまずゲージの甘い台だったので、ちょい開きの釘に反応してしまった。5500円で食い付き、持ち玉になったのだが、出玉が物足りないのと回りも少し足らないと感じてぶん投げた。加えて、注文していた景品が入荷したということだったので、それ欲しさに3500個ほどの玉を流してしまったという訳。

次に向かったのが羽根デジの●●●●だ。さすがにもう二度と打たないし、思い出したくもないので機種名を書くのは止しておこう。とにかくスペックが最悪。それを知らずに打ったのは己のミスではあるけれど。回りも十分なものだったし、玉も少しは増える調整だったので打ってしまった。当たりの40%が突確で、更にその確率が100回転ぐらいは平気で嵌るようなものだったので、呆れてぶん投げてしまった。実際ドル箱を積んでいるのだって見たこともないし。そんな台に10000円も入れてしまった。


どうせやられてしまうのならば……

そして『リング』に向かったのが既に夕方になろうかといった時間。とてもこの時間から現金投資できるような代物じゃないのは百も承知。でもあんな台に打ちのめされるくらいならば、この『リング』でやられたほうが本望だろう。開けも、いつもよりはひと回り小さい。せいぜい1000円25回程度といったところ。でも時には流れに身を任せてみたくなることだってある。

とはいっても、20000円ぐらいまでの勝負か!? 早速打ち始めると、30、27、24と出だしはまずまず。6000円を入れたところで疑似連発生。これがデンジャー柄の疑似連となり「井戸」リーチへと発展。カットインは金色。やがて当たったのだった。146回転目のこと。「444」が「555」へと昇格し10Rをゲット。相変わらず連チャンは弱くて、ノーリーチでSTを終えてしまった。

194回転目、持ち玉が潰えた。それでも更に金を入れると、2000円で小当たりではなく2Rのランプがピカリと点灯した。ヘソで回すこと33回転目、保留が緑に変わった。疑似連が一回ながら「貞子呪いの手役物」が落下。「貞子終焉」リーチへと発展。カットインもデンジャー柄だった。さすがにこれは確変中なので難なく当たった。しかし今回もまた連チャンは無い。

次もまた早い一発がきた。164回転目、突然「貞子終焉」リーチが掛かり当たった。「111」は10R。そしてようやく連チャンがきた。2回転目、ギミック落下で「555」。結局当たりはこの二回だけで終了。

288回転目、画面が金色の背景になり、なんとここで「デジャヴパニック」へ発展。これが見事に大当たり。13回転目には「666」。更に41回転目にはリングの色がレインボーに変化。もちろん大当たりで、「555」ながら16Rをゲット。次は圧巻、「最後のあがき」70回転目、「最後に祈りをこめて」とかなんとか言ったセリフが出て当たった。甘とは違い、ミドルの最終最後はしびれるぞ。今度は5連チャンまで伸びたのだった。

422回転目のところで単発が当たった後の167回転目、疑似連が二回続いた。「怨念」リーチのタイトルがデンジャー柄になる。何度見ても素敵だ(笑)。これが「555」と揃い、場合によっては最後の確変になるかもといった場面。続けばの話だが。

まずは10回転目、ギミック落下で「444」。後半52回転目には「デジャヴパニック」から脱出に成功し、「111」。更に、25、1、5と早い当たりが続いた。29回転目にはリングが金色に変化し、プレミアムキャラ「アタック藤丸くん」も登場し、当たった。果たしてこれが最後の確変となったのだった。9連チャン終了後は一発も打たずに引き。

終わってみれば、乗れているといえばそうだが、朝から打たない時に限ってこんな風になってしまうといった見方もできる。やっぱり素直に勝たせて貰えないのが『リング』の愛すべき魅力とでもいっておこうかしらね……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る