> > 『スキージャンプ・ペア2 EX』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スキージャンプ・ペア2 EX』  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、家までの帰り道のこと、ふと目にした「熱帯魚」の看板。帰るにはまだちょっと早い時間だったので覗いてみた。水草を含めた熱帯魚の飼育を一旦中断してから7年ぐらいは経つのだろうか。もはや中断とは呼べないな。7年もご無沙汰していると、さぞこの業界も進化しているのかと思いきや、案外そうでもなかった。20年も前に、当時は最先端の器具類も、いまだに現役で店頭に並んでいた。多少のマイナーチェンジはしているのだろうが、デザインなどあの頃とほとんど変ってない。ただ一つ大きな衝撃を受けたのが水槽の上に設置するライト。車や住宅等の照明同様にLEDのライトが登場していた。当時は20Wの蛍光灯を5本も6本も取り付けていたのが嘘のようだ。

これを見た瞬間、年末の大掃除で物置にしまってあった照明器具を思い切って捨てて大正解だったと思った。話がとんでしまったが、この間の休みに久しぶりに大掃除らしい大掃除をやったのだ。多少後ろ髪をひかれるような思いだったが、とにかく思い切って処分した。理由など特にはない。子供の頃から物持ちが非常によく、且つなんでも溜め込む性格なものだから溜まるいっぽうなのだ。その癖、お金だけは一向に貯まらないというやつ。

勿体ないとは思いながらも、必要のないものは全部捨ててしまった。使う物と使わない物との線引きが必要。まだ使えるからといって使わないのにとっておくという行為が物を増やす結果になってしまったのだから、ここはひとつ感情を捨てクールに行動することがベター。ちょっと寒々しいほどにすっきりしたのはいいが、捨てたのと同時にまた新しい物が欲しくなってしまったのは物欲が大き過ぎるのかな(笑)。

話はまた戻って、小さくてもいいからまた水草でもやってみようかなと思っている今日この頃……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る