> > 『CRリング 呪いの7日間FPF』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPF』他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 街を歩けば先週降った雪がまだあちこちに残っている。日陰にひっそりと残る雪は、すでに黒くよごれているものも多いが、それでも雪は雪。いかにも冬らしい好きな光景だ。家の近所は勿論のこと、都内にもまだ随分と残っている。

身を焦がすようなあの灼熱のアスファルトの記憶もまだ残っているのだが、時は残酷なまでに静かにそして確実に流れているということだろう。やがては溶けてしまう雪はそれゆえに、美しいものなのか。とすれば、人が生きているということもそれと同じかもしれないなあ。

朝、起きるとリュウジくんからメールが入っていた。「今日はアケがありそうです。来ますか?」とのことだった。これだけでも誠にありがたいのだが、あいにく今日も某機種の取材が入っており、朝イチから向かうことは叶わない。そう返信して、道の片隅に残る雪の固まりに足をとられながらそそくさと家を出た。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る