コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
500円5青保留・ゼブラ柄泥棒十手
122止め
1500円29会いたかったボーナス
11Pフラッシュ恋のお縄
46青保留・二人カットイン
48ピンク保留・三人カットイン
25青保留・三人カットイン
74+122夜祭り背景八五郎
27加速(黄色)
18赤カットイン
31ピンク保留・三人カットイン
74+104青保留・瓦版(ゼブラ柄)・激アツルーレット
13青保留・二人カットイン
74+217Pフラッシュ・ダブル十手鬼面組御用
74+45赤保留・てぇへんだぁ!!ZONE鬼面組御用
47加速(黄色)
41加速(黄色)
74+296銭形チャンス・激アツルーレット・ダブル十手
14青保留・三人カットイン・赤字
7加速(赤色)
63加速(黄色)
22ピンク保留・三人カットイン
39青カットイン
74+61激アツ・提灯落下・ダブル十手
3加速(赤色)
35赤カットイン
65加速(黄色)
40加速(赤色)
11青保留・三人カットイン
31青保留・二人カットイン・赤字
74+652暗転予告(好機)極悪人
28青カットイン
74+87暗転予告(次回)・群十手
60青保留・二人カットイン・赤字
99終了
総投資額 2500円
総回転数 3157回
大当たり回数 33回
確変回数 10回
総出玉数 19732個
換金額 49000円
収支 46500円

バタバタと当たりつづけるが……

もう少し手の届く範囲のものならばパチへのモチベーションというものも上がるのだが、幾らなんでも高すぎるぜ。夢のまた夢というやつだな。そして肝心なパチのほうはといえば、状況が悪いながらも予想以上に結果がついてきているといったところ。実は今日も『大海物語2 Withアグネス・ラム』狙いで行ったのはいいが、どうやら週末ということもあり全台が締められてしまった。一発も打たずに退散。

でも今日はK店もまずまず期待できる日だったので向かってみた。積極的に打てそうな台はなかったが、『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』に2台ほど開けがあった。もう何度も島が変わり、その度に回らなくなってしまったが今回はどうなんだろうか。

まずは真ん中の1台に座り打ち始めると、僅か5回転目に保留が青に変化。疑似連が二回ながらなんとゼブラ柄の泥棒が現れた。肝心のダブル十手はといえば、残念発動せず。しかしこれが「十手」リーチであっさりと当ってしまったのだ。この間の連チャンがちらっと頭をよぎったのも束の間、二度ばかりテンパイしたもののSTは終わってしまった。玉もあんまり増えなかったなあ。しかも肝心の回りのほうがまったく駄目。1000円20回にも満たない回りでぶん投げた。

ならばもう1台へ。こちらも同じようなものなのだろうか。初めの1000円はぴったり20回の回り。更に500円を追加したところでこれまた早くも当たりがやってきた。29回転目、ちび忍捕獲成功で「会いたかったボーナス」をゲット。STに入った11回転目、保留が変化したぞ。16Rの大チャンス。そして「キュイーン」と鳴った。「恋のお縄」リーチで「七七七」の大当たり。次は46回転目、青い保留の二人カットインからテンパイになりダブル十手発動。これは熱いぞ。「一一一」の大当たり。更に「七」図柄へと昇格。

48回転目にはピンクの保留変化発生。しかも赤い字で「チャンス」と出た。これも無事当たり、16Rをゲット。更に25回転目にも16Rを引き当て5連チャンの電チュー当たりはすべて16Rということになる。

肝心の回りもよく分からぬまま196回転目には「夜祭り背景」から「八五郎」リーチであっさりと当った。以前によく打っていた時には楽しいなんて一度も思えなかった台が、幾ばくかの時を経て改めて打ちなおしてみると、これがけっこう楽しかったりする。きっと今だから打てるんだろうとは思うが。オレの台の見る目がないといえばそれまでだが。当時は当たりも連チャンもまったくといっていいほど恵まれなかったが、この間といいよく当たるようになった。今度は軽く4連チャンをもぎ取った。

次も早い早い。178回転目、青の保留ながら瓦版予告は「その三」のゼブラ柄。ルーレットには「激アツ」の文字。さあ、肝心のダブル十手はといった場面で発動せず。その代わり「キュイーン」と鳴ったのだ。「縄」リーチで大当たり。もちろん16Rだ。残念今回は2連チャン止まり。


うぅ、回らん……

回りのほうは現金投資じゃけっこうきついレベルだが、持ち玉ならばなんとか耐えられそうな感じ。まあどこまでいけるかなといったところ。291回転目はデジタル始動と同時に「キュイーン」と鳴っての大当たりだった。ちょうど食後でうとうとしている最中だったのでいっぺんに目が覚めた。それはいいが、だんだん連チャンしなくなってきたぞ。単発で終わってしまった。

とはいえ、当たりだけは相変わらず早い。119回転目には「てぇへんだぁ!!ZONE」突入から、これまた「キュイーン」と鳴り、本日ヘソからの16Rはこれで三度目。今度は手堅く3連チャン。次の370回転目は今日一番回したデジタル。しかしこの後6連チャンが待っていた。16Rも3回出て持ち玉も18000個まで到達。

終わったと思ったら、135回転目には白の保留予告から激アツと出た。よく見ればテンパイした図柄は「三」。当たれば16Rということになるが果たして、青のカットインが続き掛かったリーチも「縄」だったが見事に大当たり。更に連チャンも先ほどを上回る7連チャン。まともに『銭形』を打つのは久しぶりだが、こんな風に当たるのもかなり貴重な部類。あの頃このぐらい当たっていればそんな嫌いにはならなかったと思う。

219回転目には疑似連が二回発生。ルーレットにも激アツと出た。ダブル十手も発動し『鬼面組御用!』が、なんと外れてしまうとは。気落ちする間もなく今度は50回転目ほどさせたところで保留が赤に変わった。チャンスの文字がちょっと痛いような気もするが、群も出てダブル十手もしっかり出た。掛かったリーチはまたしても「鬼面組御用!」。ゼブラ柄があれば4大激アツ完成の場面だったのか。これもあえなく外れてしまった。

そうこうしている内にデジタルは500を超え600も超えた。この辺りから回りのほうも急激にダウン。今では1000円20回を切るようなあり様。ギブアップするのもしゃくだし、何よりも今日はパチというものを楽しみたいのだ。613回転目、「夜祭り背景」から瓦版予告がゼブラ柄で貼り付いた。疑似連も三回。更にゼブラ柄の悪人も登場。もちろんダブル十手も発動し、二度も続けて外れた「鬼面組御用!」だったが、まさかの3連続外しとは。

いよいよ時間も気になり始めた700オーバーの頃、画面に図柄を示唆する色が赤く染まった。けっこう熱かった記憶があるがどうだろう。疑似連は二回で終わってしまい、暗転予告も「好機」止まり。がっくりきていたところに「極悪人」リーチがあっさりモノになった。久しぶりの大当たり。ようやく当てた確変も4Rが二回という結果。随分と玉を減らしちまったなあ。

しかし嵌りのあとには早い一発がきた。161回転目は電チューからの大当たり。16Rを期待してみたが残念4Rのほう。そして最後の当たりは後半の60回転目に訪れた。青い保留からチャンスの文字。二人カットインながら当たった。これが「七」図柄へと昇格。最高値からは5000個以上も減らしてしまったが、この間辺りからパチというものが無性に楽しく感じるようになったのは何故……?。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る