> > 『CR地獄少女 FPW』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPW』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 会うは別れの始まりなり。どこか安っぽい演歌のフレーズのようだが、これは真実だ。最近ちょっとばかり悲しい別れがあった。1人目は、I店のコーヒーレディ、スラリとしたCATさん。忙しくてI店に足が遠のいているうちにリュウジくん情報によれば、「辞めたらしい」とのこと。

リュウジくん共々密かなファンだったので残念至極。きっと二度と会うことはないだろうと思うと、さみしい。「もう、コーヒー飲む気がしない」とリュウジくんは言う。その気持ちに冬月も一票投じよう。さようならCATさん、あなたみたいな感じのいい子は、どこに行ってもきっと幸せになることでしょう。

もう1人は近所のコンビニで深夜勤務をしてたミーちゃん。底抜けに明るくてお年寄りのお客さんなどにはことさら優しい、これまた感じのいい子だった。飲み会で終電またはタクシーなどで帰る時には必ずといっていいほど、立ち寄ったコンビニ。

ミーちゃんが「あらあ、お久しぶりでーす! 今日は寒いですねえ。」「いや、ミーちゃんの化粧ほど寒くないよお。ところでAKBからスカウト来たって話ホント!?」「ワハハあ、まだですまだです」なんて軽口を叩き合うのが楽しみだった。一度、お店の常連さんの迷子犬(捜索中)を見つけて二人で追いかけたことがあったっけな。

そんな、ミーちゃんの明るさと優しさは冬月も見習うところ大でした。新しい環境でまたその良さを発揮しておくれ。さみしいけれど、二人ともいつかどこかで会えるその日が来るのを勝手に待っているよ。

今日は昼から某機種の取材。ショールームが人であふれかえった。発表会が終わった後に試打の時間が設定されたのだが、時間がかかりそうだったのでそれは後日にして、地元に帰ってきたのが3時ちょい過ぎ。それから急いでI店に向かった。かつてのカレンダーから言えばなんとか打てる日。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る