コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR地獄少女 FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 3500円
総回転数 ***
大当たり回数 18
確変回数 ***
総出玉数 4013
換金額 16052円
収支 12552円

■午後から

店に入ってコーヒーカウンターをチラリと見るが、やはりCATさんの姿はない。ああ、残念至極。代わりに(笑)リュウジくんを探すと、相変わらずのマックスタイプで苦戦中の模様。隣にはガテンくんもいる。二人の肩を叩いて新年のご挨拶。

店内を回遊していくと、おやまあまずはさーちゃん。そしてスズキくん、柳さん、沼さん……その他に各方面で見たことがある専業さんが大集結。帽子くんも後ろにドル箱を積んでいる。ざっくり言っても30人以上の専業さんがいる勘定。みんな本当に行くところがないんだね。

ある意味寒々とした状況だ。帽子くんや沼さんと軽口を交わし、冬月も打つべき台を押さえるべく空き台を見ていくが、うーむ?という感触。2周3周するが喜んで押さえられない。つまりは専業さんの後塵を拝する残り物だから必然そうなる。

「もうこのまま帰ってしまおうか」と逡巡しつつ、10分以上もフラフラして結局、とある一台に座る。それは『地獄少女・甘』。おなじみの台だけど、場所が移動になっている。台数から言うと、1パチのコーナーから移動してきたと思われる。とあれば一回は触っておくか。ステージに個体差が大きいのでその把握のためにも。

打ち始めにポコポコとステージから入賞してこりゃいいやと思いつつ、次の500円ではちっともヘソに寄らず。こりゃダメかなと思いきや、すかさずストーリー疑似連が成立した。2回以上続くことはまずない機種なのだが、3回続いて「激アツ」の文字が出た。インパクトフラッシュも発生して、「地獄の遊園地スーパー」となった。

こりゃ、当たりそうだ! ほら当たりとなった。「666」が「777」に変化して目出度い確変スタートとなった。単発だとどうにもならない機種だけにありがたい。そしてそこからめでたいことが起きた。なんと15Rを一発含めて、確変図柄と昇格と引き戻しで14連チャンという快挙。

さーちゃんがやってきて「あれ、もう当たってる」とニコニコ。でもただ当たっただけで実力でもなんでもないので、素直には喜べない。スルーの抜けが見た目よりも悪くて、玉を増やすどころか減る感じだし。

アタッカーの寄りはまあまあなので、オーバー入賞はボチボチだが、それでもたいしたことはない。6Rで平均2個くらいだ。これが3個だと全然違うのだが。(これは冬月が下手くそということでもある)

ともあれ、5300個くらいの出玉となり、(打ち込む気はないので)本日の勝利は確定した。回りは上がったり下がったりなので、それを把握すべくしばらく現金なども使いながら打っていく。140回転の辺りで潜伏が当たった。電チューサポートはないが1/25の高確率にアップ。


■木枯らし

ところがこれがまず当たらない。25回転、50回転、75回転と易々と3倍ラインを突破し、100回転の4倍ラインも。125回転も突破。通常確率と変わらない。結局、当たったのは135回転とあわや確率分母の6倍ライン。玉はガタ減りのところで、もう一度潜伏をひいて電チューサポートに突入。そのわずか3回転後に大当たり。(まったくこれが逆になっていれば……)これは確変だったがワンセットで終了。

やはり正体は1000円20回転弱の玉減りくん。最後まで打つべきものではない。いつの間にか沼さん始め、お仲間も随分いなくなっている。冬月も帰るとしよう。やるべきことが沢山待っている。

帰り際にもう一度カウンターをチラリ。いつもならば、自然でさわやかな笑顔で会釈をしてくれるCATさんの姿はもうなし。ああ、この寂しさをなんとする。外に出ると冷たい木枯らし。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る