コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ太王四神記』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこ太王四神記ほか
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 4500円
総回転数 ***回
大当たり回数 0回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -4500円

■下見のみ

今日は某機種の取材。上野でそれを終えてから地元に戻ったのは4時前だった。しかし、幸いと言うべきかなんというかI店(等価)は、入れ替えのため3時開店なのだ。渡りに船とはこのこと。入れ替えの前だから釘は厳しいだろうが、覗いてみる価値はありそうだ。

それにしてもI店の入れ替えも頻繁だ。導入機種を長く大切に使うような方針にはならないのかねえ。商売というのは素人考えでは図りかねる難しいものなんだろうけど。そんなこんなでI店の駐車場に車をすべりこませる。結構予想よりも車は多い。ホッとするようなそうでもないような。今日はリュウジくんはいるだろうか!?

店内に入ると1パチコーナーはまあまあの客つき。4円コーナーはガラガラ。専業さんが渋い顔して一人だけ打っている。つまりはそういう釘なのだろう。

店内を焦ることもなくゆっくりと見ていくと、「あれまあ〜」という感じ。どうにもならないなこれでは。すでに設置されている新台を見ながら、旧来機種をしっかりと見ていくが、冗談でも打てないと思う。

しかし、これは考え方によっては悪いことではない。「打たなければいい」のだから。パチンコは「打たない」という打ち方も大事なのだ。そしてこれだけシメるというのはメリハリがあるということでもある。万年釘の店よりもよほどマシだろうと思う。

しかし、困るのはまったく打てないということ。しかしながら繰り返すがパチンコというのは、「打たない」という打ち方も大事なのだと思う。せめてじっくりと釘だけをアタマに焼き付けるようにして何回も回遊を続けてみた。

何度見ても同じものは同じ。打てないものは打てない。座る気にもならず。リュウジくんからもそのうちメールが来て「今日は別の仕事です。最近I店やばいんですよ」ですと。さもありなん。まあ、リュウジくんも本日は、パチンコ以外のまともな「仕事」をしているわけだからそのほうがいいぞ。冬月はさて、せめて明日の新装に備えて、設置台の変更場所を覚えておこう。

明日は久しぶりに朝から打てる日なのだ。今日は、その下見ってことでいいだろう。帰り際にチラリとコーヒーのカウンターを見る。当然のようにCATさんの姿はない。これがどうも……。しばらくはこの得も言われぬ寂しい気持ちは続きそうだ。


■働くものが

帰路でK店他、数軒のホールを見て回るも、その状況はあな恐ろし。冬の寒空を彷彿とさせる冷気がただよっていた。試しに数台ばかり打ってみたがいやはや……。いよいよこの業界はピンチなんだろうか。それでもまた1000万人を超えるファンがいること自体が「救い」と考えるべきなんだろうか。

多くの人が笑顔で暮らして、「まっとうに働くものが報われる社会」は生きている間に垣間見ることができるのだろうか。(パチンコで糊口をしのぐのは「まっとうに働く」とは言えないのは勿論である。100歩譲って「仕事」としてみても「まっとう」には決してつかないな)

でも世の中にはまさに「儲かればそれでいい」というダーク&ダーティな「仕事」もたくさんあるから、なるべく人に迷惑をかけないようにひっそりと社会の片隅で生きていくパチンコ打ちも、生き方としてはアリなのか。忸怩(ジクジ)たる思いは続く……。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る