コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこAKB48
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 26500円
総回転数 ***回
大当たり回数 0回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -26500円

■ギリギリのAKB48

A店は新装開店だからパス。I店もカレンダーから考えても打てる日ではない。ならば散歩がてら、近隣の数店舗を見て歩くことにしよう。打てなければ家に戻って、デスクワークの再開ってことで。

まずは、古巣のK店に行ってみた。小さい店だが、それにしてもお客さんはいない。店内全部合わせても10人程度。当然釘もそれなり。全台見たがどうにもならず。ヘソは平行以下で寄りもくちゃくちゃ。平日でも専業さん、常連さんで賑わっていた時代がまるで夢のよう。

続いて、S店。こちらも客は少ない。一シマに数人がいいところ。それでも新台の『北斗の拳 覇者』だけは満席。都市伝説は健在なり「新台は出る」。しかし伝説だけに、実態はなく、箱を積んでいる人が2人だけ。あとはやたらにハマっている模様。

まあ、大当たり確率1/399なんだからそう簡単には当たるまい。その昔、『大工の源さん』初代を打った時、並んだ20台でどの台も朝10時から1時過ぎまで誰も当たらなかったことを思いだす。あの当時、時間300回転くらいはしてたはずだから、全台が1000回転くらいはまったってことだ。

さて、打てる台はあるか、なしや。無理して打つならば『ぱちんこAKB48』かなあ。ライトの皮をかぶった荒い子だ。おそらくこの釘だと、20回転には届くだろう。玉増えがなくアタッカーも弱いので、あまり気が進まないが、さりとて他に?と言ってもそれがない。

とりあえず空き台を見比べて、角から二番目に座る。最初の500円で13個もヘソに入り「これは?」と一瞬思ったが、次の500円では4個しか入らず。正体をみたことにはならないが、玉の流れからみるとダメそう。よって隣へ移動。

隣の台はステージからポツポツ入る。まずまず「もう少し打ってみろ」とパチンコの神さまが言うので続行してみる。5000円で101回転。これが限度だろう。「銭形」の親分ならばこれでもいいんだけど、『AKB48』だとちとアレだな。

まあともかく確率ラインまでは我慢して何かが起きるのを待とう。そんな時に、保留が赤だかを経由してあのゼブラに変わった。結構というかかなりアツい!のは間違いない。疑似連は弱かったが、フラッシュも発動してミュージックSPSPリーチへ。

成り行きを見守るとあえなくハズレ。再始動もなく、何事もなかったかのようにデジタルは次の回転へ移行。まあ、ありがちだわな。その後、結局250回転まで回してみたが、「じゃんけん大会」が1回あったっきりで、ギブアップ。


■またもや送別会ですと

もう少し回ればがんばれるのだが、この辺が突っ込みの限界だと思われる。つーかこれ以上は打てない。がんばれない。後日、もう少しでもアケば打てるということが分かっただけでもいいとしよう。(そのアケがあるかどうかかが問題なのだが……)

外に出ようとすると、新編集長からメールが入った。ああ、長年サイトで一緒に過ごしてきたミヨちゃんも辞めるので、送別会に出られますか? ですと。

まったく去る人ばかり、さみしくなる一方じゃないか。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る