コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデラックス海物語withT-ARA』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAデラックス海物語withT-ARA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 7000円
総回転数 **回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 ***個
換金額 42500円
収支 35500円

■まあこんなことも

まずは近隣のU店(等価)に向かう。ところが様子がおかしい。車がない。ははあ、新装開店前日かと思いきや、そうではなかった。全面改装で1週間の休業ですと。この不景気で全面改装するだけの体力があるのだろうか。不思議なり。首をかしげながら移動する。

I店は休みなので、さてどこに行こうか。こうなれば古巣も古巣のC店に向かってみよう。さすればこちらも明日開店で休みですと。まったく、さぼっているとこういうことになる。自業自得とはこのこと。

そうなるとK店(等価)しかないか。K店に着くと、あな恐ろしや。お客さんは4パチのシマにはたった3人しかいなかった。これは予想以上の惨状。ところが、こうした時に、申し訳ないことに某機種の朝イチランプを発見してしまった。もうホントに泥棒以下の所業のような気もするが、どうせこの辺を回遊している「拾い専門」の専業さんがやってくる。

はあ、、、タメイキを尽きつつそれでも意地汚く、その潜伏をゲットする。「マイナスにならなきゃいいや」と思って打っていくが、トントンと玉が出て4500個にもなった。投資は2500円だから、十分すぎる展開。「申し訳ない」と心の中で頭を下げてK店から出る。

次に向かったのは、駅前の繁盛店S店(等価)。お店についたのは2時頃。まだそれほど客は多くない。しかし入れ替えが多い店なので、どこに何の台が入ってるかさえ、すぐに把握できなくなってしまう。

そんなことだから、パチンコで一番肝心な「縦の比較(故・田山プロの造語 前日までの釘と当日の釘を比較すること)」などできようはずもない。よって横に見ていくだけ。しかしまあこの店はまったくもって金太郎飴のような調整しかしない。同じ機種は同じ顔というつまらない状況。

それでも先日、打った『ぱちんこAKB48』にやや動きがある。とは言うものの、「ヘソを小さく」するという悪いほうへの動き。あの時でもギリギリだったのだから、これで回るはずはない。

結局、着席したのは先日入った『海物語甘 ティアラ』。そういえばこれもまた、お隣のタレント起用の台。せっかく友好的な関係が築かれようとしてきた経緯をみんなで大事にしたいものだと思う。

しかし、回らないのは相変わらず。「勉強」がてら打っているのもバカらしくなるほど。とはいえ当たる時は当たる。カードを抜いて止めようとしたその瞬間に流れた魚群。そして「キュイーーーン」と鳴いた。


■顔むけ出来ず

この当たりが3発。そして止めようとすると単発やらミニの連チャンやらで、いい意味でズルズルと打ってしまう。キリのいい確率ラインまでと決めて打つと必ずといっていいほどそこで当たるという展開が何度か続いた。

いつのまにか、計測器を見ると6500個も玉が出ていた。これで十分過ぎ。ようやく?確率ラインを越えても当たりはなく、心置きなく投了となった。ただ展開に恵まれていただけの半日だったが、たまには結果オーライという日もあってもいいだろう。

ナイチンゲールとガンジーさんには、まったくもって顔向けができないそんな一日だった。帰ったら少しは「いい」ことしよう。そうだ、まずは福島にいる老いた母親に電話でもしよう。そうしよう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る