コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR聖闘士星矢99バージョン』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店他
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR聖闘士星矢99バージョン
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
北斗の拳5
8500円2055トキ
153弱攻撃・復活リュウケン
143北斗七星・弱攻撃トキ
207強攻撃・耐えるトキ
12通常強攻撃トキ
702ノマレ
聖闘士星矢
2000円31突確
146ペガサスF紫龍
1500円12+802ウィングF・群一輝
54ペガサスF
62+428ボタン硬化・チェストギミック・ペガサスFvsサガ
105アテナ・ペガサスFvsカミュ
14レインボータイトル・ニケF
53デカボタン
122
62+2052ウィングF・金背景・教皇チャンスvsアイオリア
12激アツボイスvsサガ
123
13復活(8R)
119
62+463フェニックスモード・金エフェクト・群・ペガサスF紫龍
104赤シャッター氷河
42激闘
72
97ニケフラッシュ
125激アツ
91
98デカボタン
74
128激アツ
36
62+14突確フェニックスモード
124煽り・ペガサスFvsアフロディーテ
28ウィングF・金セリフ・アテナカットインvsシュラ
68
34
62+422金背景・フェニックスモード・ウィングF・ボタン硬化vsサガ
57激アツ・ペガサスFvsカミュ
45レインボータイトル・ウィングF
12
45レインボータイトル
78
62+1848レインボーオーラ・激アツ・ペガサスF・ニケF一輝
51金エフェクト・ウィングF・群・ペガサスFvsカミュ
37超デカボタン
62+192チェストギミック・激アツ・ペガサスF・金セリフ星矢
22終了
総投資額 12000円
総回転数 2317回
大当たり回数 45回
確変回数 11回
総出玉数 11802個
換金額 29500円
収支 17500円

まさかの大当たり!

さて、今日は多少なりとも期待できる日だったので、子供たちを見送ったあとそのまま車に乗り込んで家を出た。しかしお店に着くと、以前のような活気もなく10人ほどのお客しかいない。この日にこれほどまで人が少ないのは何年も通って初めてのこと。ホントにお客というものは正直である。実際、開けも大したものではなく、打てそうなのはいつものように、『AKB48』と『ぱちんこCR北斗の拳5覇者』ぐらいなものだった。

腰を下ろしたのは『北斗の拳5』。せめて20後半の回りがあれば多少なりともやる気は出るが、せいぜい26ぐらいか。相変わらず大安売りだこと。確か前作までは、大事に扱われていた時期に限っては、1000円30回をゆうに超えた回りだったのが、昨今の世の中の不景気に反映してか、開けたところでこんな程度なのだ。さてと、どこまで追えるだろうか。

24、30、28と出だしはまずまず。ここから25、24、21と、徐々に回りは落ち、結局8500円を使いきったところで205回転。ん〜、もうちょっと欲しい。隣へ移動と思い、最後の保留を見届けていると、保ゼロの状態からテンパイし、あれよあれよという間に「トキ」リーチにまで発展してしまった。強い予告なんて何もなし。カットインも緑。まさかねえ、これが当たってしまうとは。上皿に3つばかり残っていた玉で無事ラウンドを消化。

こうなった以上は頑張るのみ。まずは15回転目、早くも大ピンチ。「リュウケン」登場にがっくりきたものの攻撃は弱いパターン。ラオウは見事に復活し「333」の大当たり。14回転目には「トキ」が現れる。画面には北斗七星が輝いていたのでまずまず安心なのか。助っ人登場で勝利。これもまた16Rの「333」。さらにもう一発16Rが当たり4連チャン。5連チャン目はまたまた「トキ」の登場。しかし今回は攻撃も強いパターンであっ気なく敗れる。潜りもなかった。時短はわずか20回で終了。

いっそのこと一発も打たずに引いてしまおうかと一瞬ちらっと考えたが、そんな勇気もなく続行。覚悟を決めて回しに掛かった途端に、回りのほうは上がるどころか下がる一方。1000円24回を切るようなありさま。それでも時折見る赤いオーラにドキっとしながら、いつ当たるとも分からぬデジタルとにらめっこ。ここのところ肝心の初当たりさえも遠くなったしまった。400、500、600、さらには700も超えた。別にどうということはないのだが、デジタル消化が遅いぶん、打っていてしんどいのだ。700を超えたのはいいが、同時に持ち玉も無くなった。当然ながら止めざるを得ない。こんなパチでいいのか? いいわけはないのだが、いまの状況に合わせて精一杯やるしかないということ。

ひとまず、この店とはここでお別れ。もちろんこのまま終わるわけにはいかないだろう。コラムの中身がどうとかじゃなく、負けることに対するストレスというものを近頃また昔みたいに感じるようになった。それはもちろんいいことなのだ。昔はどんな手段を使っても(もちろん合法的な手段)勝ちにこだわってきたものが、最近はもう甘んじるでもなく、簡単に受け入れてしまう己がいた。


よくぞ踏ん張った!

そして店を回ること数軒、『デビルマン倶楽部』も視野に入れながら最後に行きついたのは『CR聖闘士星矢99バージョン』。玉増えはどうかなといったスルーだが、ヘソのサイズはまずまず。2000円を使ったところでチャンス目から突確をゲットしたのだった。しかし12回転のSTはあっ気なくスルー。終わってすぐの14回転目だった。疑似連が2回続き、突如「ペガサスフラッシュ」が発動。「紫龍」リーチであっさりと当ってしまった。ここで一発欲しいところだったが、再びSTは抜けた。

さらに玉も飲まれてしまうといった状況。時間を考えるとあまり深追いはできないが、回りのほうは十分あると思う。1500円を買い足した92回転目、頭上の「ウィングフラッシュ」がピロピロと鳴って光った。疑似連は3回。さらにもう一回ここでピロピロと鳴った。群も出てギミックは発動せずも「一輝」リーチがモノになった。使ったお金は向こうとこっちで合わせて、12000円ということになる。まだまだ十分挽回の余地はあり。ここから5回転目に上手いこと連チャンし、「聖闘士RUSH」に突入。しかし当たりはこの2つだけで終わってしまった。

104回転目、ボタンが硬化し激アツの「サガ」リーチで大当たり。そして、10、1、5、12とSTばかりで当たりが続き全部で5連チャン達成。ようやくなんとかなりそうな雰囲気になってきたぞ。玉も僅かながらも増えるのでまあ良しとしようではないか。

やる気が出た途端、危うく飲まれそうになってしまった。回すこと267回転目、激アツの「ウィングフラッシュ」が発動。金の背景も絡み、これまた激アツの「教皇チャンス」となった。肝心の「ペガサスフラッシュ」が出なかったものの「vsアイオリア」で無事大当たり。そしてこれが15Rも含む4連チャン。

さらに108回転目には久しぶりに長い連チャンがやってきた。その数11回。持ち玉も8000個を超えたので、めでたくプラスの領域に入ったということ。11連チャンの後は、わずか76回転目に当たりがやってきた。突確ながらST最後の12回転目、「vsアフロ」リーチがモノになった。4連チャンをゲット。

104回転目には6連チャン。次はちょい嵌るも、15R付きの3連チャンで減らした玉を取り戻し、最後は単発が当たったところで終わりの時間となった。我ながら今日は上出来の部類。毎日こんな風にやる気に満ち溢れているといいのにね……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る