コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR餓狼伝説〜双撃〜 1/99ver.』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR餓狼伝説〜双撃〜 1/99ver.
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1500円9ラッシュチャンス目餓狼チャンス
1616ライデン
44クラウザー
56ラッシュチャンス目ミッション成功
416
2716先読みクラウザー
10216ライデン
1216ビリー
84ライデン
1416ギース
124ギース
59ラッシュチャンス目餓狼チャンス
194ギース
1216レインボー山崎
516山崎
8216クラウザー
2316クラウザー
354ギース
スーパーギース→無限マーク
31ギースボーナス次回 拳クラウザー
1919ストリー擬似拳クラウザー
494ビリー
214ビリー
694クラウザー
372擬似熱々拳クラウザー
714ビリー
204擬似拳てんとう虫クラウザー
416クラウザー
5516先制テリー
3516先制クラウザー
3216保留変化クラウザー
3716保留変化ギース
1516先制テリー
5716先制テリー
2616先制テリー
424クラウザー
737告知雷雲ZONE最後の拳
916クラウザー
7816先制テリー
32ビリー
3516先制テリー
5016先読みクラウザー
5616ライデン
13クラウザー
1672赤保留擬似拳ビリー
72ビリー
62クラウザー
122第一連打激アツ拳山崎ハズレ!
125ヤメ
総投資額 1500円
総回転数 2010回
大当たり回数 46回
確変回数 ***回
総出玉数 14486個
換金額 57944円
収支 56444円

■ジャーニー

珍しくも一番乗りだった。どうせ暖かいしiPhoneを使って「仕事」もできる。ちまちまとできることをやっていると、リュウジくんがニコニコしてやってきた。二人になれば、べちゃべちゃと話をしているうちにすぐに時間が過ぎる。ほどなくするとさーちゃんも現れた。他にも見知った顔がちらほら。沼さんもその一人。「どこに行っても厳しいんだよ」とタメイキの会話。

専業さんには、ほんとに冬の時代。そしてこの冬は春が来る前の冬とは思えないから、始末が悪い。10年前にはまったく想像もつかない状況になっている。さーちゃんに聞けば、辞めた人も結構いるらしい。多田の親分も、山田ちゃんも……。まあ転職可能ならばその方がいい。

かくいう冬月も、もはやパチプロなんて看板は恥ずかしくて名乗れないようになってきている。稼働時間も少なく収支も当然のようにしょぼい。下世話な話で申し訳ないが、かつては時給2000円を切ることはなかったけど、今はもうその半分がいいところでなかろうか。

それでもなんとかしがみついていられるのも、このコラムを読んでくれる読者の方がいるからに他ならない。本当にありがたいことだ。この場を借りて改めてお礼を言いたい。「みなさん本当にありがとう」

さて本題に入ろう。カレンダーは良くてもちっとも打てないのが最近のI店。それでも釘のアケシメだけは多少はしてくれる。さて今日はいかがなものか。入店はもちろん先頭だが、急ぐこともないのでリュウジくんに道を譲りシマへ入る。

なんだか微妙な感じである。マックスには何機種かありそうだが、主戦機種にしている甘やライトは厳しい。それでも普段の日よりはいくらかマシといったところ。うーん、打てそうなのはこの前入った『セクシーフォール』か? ただしこの店では打ったことがないので、デキのほどは分からない。

あとは最近、ちょこちょこ打っている『餓狼伝説』だろうか。でもまずはゲーム性も気になる『セクシーフォール』を打ってみよう。巷ではなかなか評判のいい機種で、近々新たなスペックも出るはずだ。500円で9回転、もう500円で8回転。うーん? これが正体ではなかろうが、最初からこうだと『餓狼伝説』が気になって仕方ない。

とくに今日はお客さんが多い。後悔先に立たず……。急いで『餓狼伝説』のシマへ行くと、幸いまだ空き家だった。もう一度釘を見て着席。この前よりも微妙にヘソが小さいが、元々のスペックに好感が持てるので、まず打ってみよう。

そんな欲のない気持ちが功を奏したのか(ソンナワケナイ)、すぐにチャンスがやってきた。煽り予告からチャンス目が成立。そのまま「餓狼チャンス」に移行。それがまんまとラッシュに突入したではないか。おお、ラッキー!

右打ちを開始すると、すぐに宿敵ライデンが登場。それほど強敵ではないので見事勝利で16Rゲット。ところが次はわずか4回転目で最強の相手のクラウザーが出てきてあっさりと負けてしまった。さて、二の矢が放てるか?

すぐにチャンスがやってきた。1回目と同じようにチャンス目が成立したと思ったら、ストーリーミッションに発展。★印が3/5のまずまずのストーリーが成功してまたもやあっさりとラッシュに突入してくれた。これが16Rを5個もはさんで怒濤の8連となった。加速装置が効いてともかく消化が速い。そして3回目もまるで潜伏しているかのようにチャンス目からラッシュ突入。

これも順調に6連チャン。昼前にも関わらず出玉は8000個を越えた。ああ、良かった、今日の負けはこれでなさそうだ。あとはどこまで打てるのか? すぐに当たっているので、台のポテンシャルは把握できていないのだ。おっとギースに負けて、電チューサポートが途切れたと思いきや、スーパーギースモードに移行した。サブ液晶に「∞」マークが出たので、潜伏確定ってことか。

それからほどなく滅多に出ない「次回予告」から大迫力の拳役モノが発動して大当たり。派手な当たり方だからてっきりラッシュ突入かと思えば、敗北ですか、そうですか。しかし、次もまるで潜っているかのように早い当たりがやってきた。保留が赤く変化し、疑似連成立、そこから拳役モノが発動して、VS山崎のリーチへ。当然当たりかと思いきや……あれまハズレでした。


■課題も

そうそう上手くはいかないか。確率分母を超えて2倍ラインにさしかかりそうな時、チャンスがやってきた。なかなかかからないストーリーの疑似連が成立した。2回、そして3回と続いて待望の拳役モノが発動した。リーチは強敵クラウザー。しかし見事勝利してラッシュ突入となった。これが4Rばかりで4連チャン。

ここからは当たっても4Rばかりで玉はジリジリ減っていく。ところが、終盤に見せ場がやってきた。疑似連から本日初のてんとう虫柄が絡んで大当たりすると、16Rがなんと8連チャン。素晴らしいの一言。これで昼前の最高値を更新したことになる。出玉は13000個くらいはあるだろうか。

結局は夕方まで打って15000個弱の玉が残り、大勝利が確定した。甘デジでこれだけ出れば上出来もいいところだろう。夜まで打ちたい回りでもなし。キリのいいところでさっさと上がることにした。

リュウジくんも、マックスタイプで順調に玉が出ている模様。一言挨拶して、そっと飲み物を差し入れてI店をあとにする。単にラッキーに後押しされたパチンコだったが、こんなパチしか打てない自分がいるわけで、勝つには勝ったが課題は多しだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る