コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデビルマン倶楽部』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 33玉&40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAデビルマン倶楽部
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9000円
総回転数 ***
大当たり回数 52回
確変回数 ***
総出玉数 13156個
換金額 38000円
収支 29000円

等価は厳しいのか……

今朝も昨夜遅くに見て回ったお店から攻めてみたいと思う。この辺りは等価のお店ばかりなのでなかなか良い調整のところは見つからないけれど、こと羽根物に関しては万年釘の店でさえ、稀に開けるので注意が必要。ここのお店もセブン機は1000円15回にも届かないような釘のくせに、羽根物のコーナーだけはまずまず扱いがいい。

昨日、何台か試しに打って、2チャッカーの入り具合や役物の癖をチェックした中で今日打つならこれかなと決めていた台に一直線に進めば、なんとまあ落としが締められているではないか。いや参ったぞ、これは想定外のことだった。さてどうしたものか……しかし幸いにもこの店は羽根物は10台以上もあるので次なる候補へ。こっちの釘は昨日見たまんま。

早速打ち始めると、わずか500円でVゾーンに玉が吸い込まれた。ラウンドは15。一見癖の良さそうな雰囲気だが、昨日打った感じでは微妙な役物。ただし、等価のわりには玉の拾いがとてもいい。終わって直ぐの一発目に拾われた玉が王道ルートを経由して見事V。ラウンドは7だった。次も一発目がV。しかし今回は1R。あっという間に3回当たって、これはいけるのかと思った矢先、全く当たらなくなってしまった。やっぱり役物の癖がいま一つ。30個ばかりが入賞したものの、ことごとくVゾーンを外す始末。しかもその外し方が気に入らない。ちっとも中央に玉が寄ってこないというやつ。よって、ここでこの台に見切りをつけ、台を移動。

三台目、癖は悪くなさそうだが、とにかく落としに入らない。見た目は申し分ないんだけどねえ。やっぱり打ってみないと分からない。5回ほど当たったもののラウンドも悪く玉は減るいっぽう。結局、1500個ほどあった玉は飲まれてしまった。ん〜、やはり役物に見合った釘じゃないってことなのか。もう打てる台がない。やむなくこの店とはここでお別れ。

この後、二軒ほど回った午後。ようやく打てそうな台を発見。これまで使ったお金は5500円。デジタルの試し打ちよりは遥かに投資が少なくて済む。打ち始めると、最初の3000円まではバタバタと落としに入っておきながらいざ玉になった途端に鳴きが悪くなってしまった。癖は超が付くほどいい台なのでとっても惜しいところ。それでも2000個ちょっとまで出たが、ギブアップ。ちょい負けで、さらに店を見て歩くことにした。

車に乗り込み、ハンドルを右に切ろうとした時に、ふと思い出したことがあった。そうだ、今日はホワイトデーというやつじゃないか。すっかり忘れていた。とうの昔に男を捨てたオレなので、可愛いお姉さんから頂いたチョコなどないが、子供とかみさんからはちゃんと貰ったのだった。その時、ホワイトデーにはケーキを買ってくるからと約束していたのをたった今思い出した。ふぅ、あぶないあぶない。

今日も早い時間には帰れそうにもないので、一旦ケーキを買って家に戻った。いつもならば、そのまま終了ってことになるのだが今のオレはちょっぴり違う。店回りが楽しいというわけじゃないが、いまのところちゃんと成果も上がっているのでここで立ち止まることができないのだ。最低でも明日打てる店を探してから帰ろうと思う。
最後の最後で開きを発見!

随分と遠回りしてしまったが、1時間かけて店に到着。ここは以前に一度だけ打ったことのあるお店。ここの『デビルマン』はかなり癖がいいのだ。あれから釘とかその辺のところどうなってるだろうか。店に入ると、店内はけっこうな賑わいだった。それなのに三台ある『デビルマン』はすべて空きとなっていた。しかし釘を見れば、この間来たときよりもはるかにデカイ。その中でも一番癖の良い台に着席。なんと、いまだ手付かずのままである。

時間はすでに夕方の5時。程々に出て、明日の朝から来てみようかと思う。早速打ち始めると、たったの500円でVを射止めた。7Rからのスタート。この店の特徴として、セブン機も同様にヘソはあっと驚くようなサイズだが、スルーや寄りがぐちゃぐちゃで打っていてストレスがたまるのだ。羽根物も、鳴けども鳴けども拾わないってやつで、理想の拾い1/2.5にはとうてい届かない。もちろん、もっと拾うにこしたことはないが、2回に1回拾うような調整だと台によってはお宝になる。

それでも次は22回の開放で10個ほど拾った玉が当たり。今度は15Rが出た。次は少し手こずって半分ほどの玉を減らしたところでV。しかしがっかりの1R。4回目以降は順調に当たった。4、6、8、5、1、2、1と、連チャンみたいなもの。3000個、4000個、5000個と、あっという間に玉も増えた。

そして8000個を過ぎた辺りから店員の動きが慌ただしくなってきた。後ろを通る度にガン見である。何年振りだろうか、張りつかれそうになったのは。さっきまではニコニコして「会員カード作りませんか?」って言うから作ったのに、まったく現金なものだこと。とはいえ、分からないでもない。だいたい打っている当の本人が「当たり過ぎだろう!」と、思っているくらいだもの(笑)。

それでも店員さんの目の前で何度か当たる場面もあり、妙に納得したのか事なきを得た。よ〜し、いいぞいいぞ。ここからさらに持ち玉は増え、終わってみれば結局いつもの時間まで打ち、夕方からの10000個超えに大満足して家路に着いた。

それはいいが、ほどほどにして明日朝から来ようと思っていたのに、これじゃあ来れないじゃないか……(笑)。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る