コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAトキオデラックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 500円
総回転数 ***
大当たり回数 48回
確変回数 ***
総出玉数 8211回
換金額 32500円
収支 32000円

並んでみたのはいいが……

冒頭から重たい話になってしまい恐縮だが、これから気温もどんどん上がってゆき、危険性は増すばかりなので、わずかな時間であっても車内放置は絶対ダメ。最近ではパチ屋の駐車場も警備員さんが常駐しているところもあり、お蔭でほとんど無くなったといってもいいが、誰もいないところではまだまだ起こりえること。そして当然のように新米のお父さんお母さんが事故を起こすのだから、周りの大人達が日頃から注意を払ってあげることが大きな意味を持つ。

昔は良かったなんてよく口にするが、ホールの環境においては昔よりも今のほうがずっといい。自分がパチを始めた頃なんて、親に連れられてきた小さな子供達がホールにはいっぱいいたもんだ。休憩コーナーなどさしずめ託児所のような佇まいだったから。当時は小さなホールが主流だったので、煙草の煙など子供達にとっては劣悪な環境だったといえよう。そういった意味では現在のホールはあるべき姿だと思う。

どうもこういう重い話のあとにパチプロ実戦を書くのは気が引けてしまうが、お許しくだされ。

相変わらず、羽根物を打ってる日々。最近はもう新台で導入される店も少なくなってきたので、手持ちのいくつかの店でやりくりしなきゃならなくなってきた。10軒ぐらいの店を行ったり来たりするような状況。わずか10軒といえども、羽根物を設置している店自体が少ないので、すべて見るとなるとけっこうな距離もあってしんどいのだ。

今日は『羽根物大工の源さん』を打ちにやってきた。昨日の夕方、試しに打った感じでは釘も台の癖もまずまず。この機種は羽根物とはいえ、「時短待ち」みたいな部分がありけっこう荒い。Vゾーンに入賞する玉の軌道があまり好みではないが、そうそう贅沢もいっていられないので打ってみようと思う。設置台数もたったの一台しかないので、念のために並んでみた。


粘れなかった一日……

10人ばかりの列、二番目からの入場だった。ところがこの先頭打者君が『源さん』に向かってまっしぐら。十分想定内だったとはいえ、こんな風になると一日の計算というものが大きく狂う。何せ設置台数というものが少なすぎるので、店自体を移動せねばならないのだ。さて、どうしたものか。暫し考えてみたが、目の前にある『トキオデラックス』が打てない釘でもない。等価だし、試しに打ってサクッと出て逃げを決め込むのも悪くはないか。もちろん、粘れそうな台ならば閉店まで打とうとは思うが。

不思議と、初めの500円はよく鳴き、よく拾うのだ。3つ目に入った玉がSPルートへ行き、うまい具合にVを射止めた。しかも15R(実質)からのスタート。次は4つ目の玉がノーマルと言うかイレギュラーみたいな形で当たった。これだけを見るとなかなか癖の良さそうな台だ。ラウンドは2Rだった。この後も、10個、8個、と拾った玉がVを射止めるが、3回続けての2R。

一見癖の良さそうな台に感じたけれど、この後豹変することになる。鳴けど拾えどVゾーンに嫌われてしまい、ようやく当たったのが49個目のこと。せっかく500円で食い付いたというのにもったいない話。散々、Vを外したと思えば、次はわずか3個目がV。今度は15Rが当たった。さっきの嵌りはなにかの間違いだったのかなと思いきや、そうじゃなかった。お次はまた嵌って41個目がようやくVゾーンに入った。

しかしこの後は少しずつ回復し、わずかに持ち玉も増えていった。しかも3連チャンで2Rが当たった後はずっとデジタルにも恵まれているのだ。当たれば7Rと16Rの表示ばかり。ようやく2Rが出たのは10回ぶりのこと。大当たりは30回を超え持ち玉も7000個まで出た。ん〜、とはいえ、鳴きは良いものの台の癖はあまり良いほうではないし、ラウンドに助けられているのは明らか。最後まで打ち込む自信というものがない。いや多分無理だろう。

おっと、ここで『源さん』がとうとう空きとなったのだが、釘を見て納得。昨日の釘とは明らかに違う。さすがにこれじゃ、打ちきれないか。

そして、さらにこの後の10回の当たりは一度も2Rが出ることなく、6Rが3回と15Rが7回と、嘘みたいな偏り方。持ち玉も10000個を超えてしまった。これがデジタルも普通で、時間辺りの当たり回数も6回以上当たっているのならば本物と言えるのだがそんな風じゃない。

デジタルが均一ならば間違いなくずるずると持ち玉は減ることになるだろう。案の定ここからデジタルは悪いほうに偏り、10000個あった玉も2000個近く減らすような始末。実際、V入賞する様を見てもこの辺りが限界と見た。残念だけど仕方がない、粘ったところで玉は減るいっぽうだろう。これが羽根物というもの。それにしてももうちょっと台数があってもいいのではないかと思うこの頃。

さて、話は戻って車内放置の件。これからはどんどん気温が上がってゆく季節。真夏ではないこの時期に一番注意が必要。コンビニなど短時間であっても危険なのだ。万が一目撃した時には我々大人たちが率先して声を掛け合おうではないか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る