コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデビルマン倶楽部』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAデビルマン倶楽部
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 22500円
総回転数 ***
大当たり回数 31回
確変回数 ***
総出玉数 6711個
換金額 26500円
収支 4000円

そこまでしなくたって……

全くもって馬鹿にした話である。お蔭で打ちに行く羽目になってしまったではないか。この怒りの矛先をどこへ向けたらいいのだろうか。まあ怒りはこのぐらいにして、我はパチプロなり、せいぜい今日という一日を精一杯打ち込んでみようじゃないか。

まずは一軒目、しかしさっそく当てが外れてしまい、悔し紛れに『羽根物大工の源さん』に2000円ばかり入れておしまい。かくなる上は、以前にえらい勢いで出ちゃった『ネオビッグシューター』を打ちにいこうと思いついた。寄り釘を締められてしまい、その間、「開かぬなら開くまで待とう」の心境でいたが、きっともう金輪際開かないような風情。ならば、開かぬならなんとやらということで打ってみたのはいいが、癖の良い台なのでVは射止めるもののパンクばかりでこっちが殺されてしまいそう。わずかばかりの玉をカードに入れて店を出た。使ったお金は二軒で4000円也。

お次は『CRAデビルマン倶楽部』のお店。以前、夕方から打ったというのにけっこうな玉が出てしまい、その後見に行った時には台の履歴からしてネカセが変わった模様。ん〜、そこまでしなくてもいいと思うけど。でも今日は新装開店だし、もう一台のほうだって頑張ればなんとかなりそうな気がする。ちょっと遠いけど、渋滞を回避しながら店に着くと、この間と一見して景色が違うことに気付く。あるはずの場所に『デビルマン倶楽部』がないではないか。店内をぐるりと一周してみてもない。1パチにもない。完全なる撤去ということ。

まだひと月と経ってない新台だぞ。驚いたと同時に、なんだか申し訳ないことをしたなとも思った。羽根物伝承者と言いながら、本気出して打ってしまったばっかりにこんな風になっちゃって。でもそこまでしなくたって。あ〜、この店とは今日でお別れ。会員カードを作ったばかりというのに。


頑張ったお蔭で……

そしてここからは恒例のお店回り。こうやって昔も今もお店を回って思うことといえば、ドラえもんの「どこでもドア」が欲しい、これに敵うものはなし。40をとうに過ぎたおっさんが言うのも可笑しいが、叶えて貰えるならば是非とも欲しいアイテムの一つだ。

そんなこんなで5、6軒回りながら色んな台に10000円もぶっこんでしまった。もう帰ろうかなと思いながらも、そういやあ、この近くに知り合いが打ってる店があったのを思い出した。せっかくここまで来たのだからちょっくら寄ってみようと思う。K君と会うのは実に久しぶりのこと。確か『デビルマン倶楽部』もあるって言ってたよなあ。どんな釘で打ってるんだろうか。

店に着けば皆さんお揃いで。『デビルマン倶楽部』は寄りが悪いよって言うから見てみると、どうしてどうしてオレが打ってる店よりも断然こっちのほうが上。ちょっと失礼して打ってみると寄りも鳴きもまずまず。十分やれると思うのだが。さっそく1000円で15Rが出た。消化も速い。でもまた一生懸命打っちゃうと、大変なことになりかねないから適当に遊んで帰ろうと思う。

すると、K君がやってきて『ファイヤーダイナマイトキング』に一台潜伏見つけたんだけど、ノリで打たないかと言ってきた。お〜、これは願ってもないチャンス。K君の友達が見つけたので三人でってことになった。もちろんオレが打つことになった。二人は朝から羽根物を打っていて、流すにはもったいないからということだ。それはいいが、連チャンしないぞオレ(笑)。

早速打ち始めると、2000円で「3」が当たり、突確からのスタート。さらにヘソで回すと、今度はパープル色の「3」が当たり4Rボーナスの始まり。一応確変のようで、続いてまた4Rを引くが、なかなか電サポ状態にならないのだ。なんだかんだと5000円も使ってしまったじゃないか。そして4回目の当たりは結果的には4R通常を引いてきてしまったのだ。ほら言わんこっちゃない。ノリ打ちとはいえマイナスがどんどんどんどん増えてゆく。

「なんだか悪かったね」、とオレ。「しょうがないよ」、とK君。またゆっくり来るよと言い残して店を後にしたのだった。気付いたらもう夜になっていた。お蔭で昼飯も食いそびれてしまった。美味いラーメンでも食って今日のところは帰ろうと思う。そんな予定が、ラーメン食って腹がいっぱいになったらまたやる気というものが湧いてきた。いやあ頑張るな、オレ。

でも、もう夜の8時だし、明日の様子見がてらちょこっと打って帰ろう。向かったところは随分前になるが、グランドオープンで2連敗を記した店。打つのは4年振りぐらいか。等価にしては2チャッカーも寄りも随分といい。お蔭でついつい遅くまで打ってしまった。頑張った甲斐があったということだろうか、こんな時間から5000個近くの玉が出てしまったのだ。結果的には向こうとこっちで6700個余りの玉を流したことになる。一矢報いた上に明日の店まで探すことができたのだった。

そろそろ羽根物オンリーも厳しくなってきた感もあって、あっちの世界に戻らなきゃいけないなあと思っていたところ。どうやら、もう少しこっちで遊ばせてくれそうだ……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る