> > 『CRAトキオデラックス』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
text by タッキー
 
筐体画像 桜が満開だというのに吐く息が白いとは、近年あまり記憶がない。当然のように我が家はまだコタツのお世話になっている今日この頃。だから選抜高校野球が開催されていてもいま一つピンとこない。それでいて、甲子園球場の芝生はこの時期あんなに青々としてたんだっけ? と、なんだか不思議なことだらけの世の中だ。

でも今週末にはプロ野球も開幕するのだから、やっぱりもう春なのだ。趣味のソフトボールのほうも先週めでたくリーグ戦が開幕した。肩の痛みもほとんど問題なく、しっかり球も投げられるようになったし、腰痛はまだまだ完治には程遠いが、それでも一年振りぐらいにバットを振ることができたのだ。二塁に滑り込んで膝小僧を擦りむくほどに回復したのはとっても嬉しいこと。この歳じゃもう進化はしないが、まだまだ衰えるわけにはいかない。お蔭で久しぶりの筋肉痛ってやつで、店を見て歩くのもしんどい。

それにしても車窓から見る桜の花が、まあ美しいことこのうえない。ここのところの寒さで満開の状態で足踏みしているはずだから、きっと今週末まで満開の状態が続いてくれることだろう。雨でちょっぴり色褪せてしまうのが気になるところだが。カースケ先生が、花見のスタイルをあまり好まないというようなことを書いていたが、自分も同感。花見と聞くと花の香りよりも酒の香りのほうが先に立ってしまう。もちろん酒は大いにけっこうなんだけど、できれば桜の木を目の前にして、花の慶次の「一献くれまいか」の如く、静かに酒を飲み交わしたいなと思う。桜の木の下でも良いんだけどね。一度そんな風にして飲んでみたいなと思うようになったのはもちろん歳のせいだろう……(笑)。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る