> > 『ぱちんこAKB48』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
text by タッキー
 
筐体画像 ごくまれに夢を見ることがある。とくに疲れて帰ってきて、睡眠時間が浅めの時に夢を見ることが多いような気がする。あとは二度寝した時など。普段は夢という夢はほとんど見ない。実際には覚えていないということなのだろうか。だいたい見るのは突拍子もない夢ばかり。現実にはあり得ないことのほうが多い。楽しい夢ならば、目が覚めた時にがっかりするし、苦しい夢を見た時には目を覚ました瞬間ホッとするものだ。

時には切ない夢だってある。まあ大概このパターンは女が絡むことが多い(笑)。きっともう二度と会えない、訳あって別れてしまった女の夢を数年に一回見ることがある。もう最近は全然見なくなってしまったが。それはそれでちょっぴり寂しい気がしないでもない。若い頃は携帯電話なんてモノはなかったから、偶然何処かでばったり会わない限りは一生会うことはないだろう。そんな風に思うと、こうやって書いているだけでなんとも言いようのない切ない気持ちになるもんだ。もう春だというのに。

思えば、このパチンコというものも若い頃に付き合っていた女の子から教えて貰ったというか、連れられて行ったのがきっかけだったのだ。今はパチンコを打ちながらも、テレビを観たり別のことを考えるたりすることがほとんどだが、当時はパチンコをすることで夢中になれたし、嫌なことも打ってる間だけは忘れることができたのだ。正直、これには随分と助けられたと思う。仕事を辞めたあと、精神的にイカレテタ時期があったので、パチンコというものがなかったら今頃どうなっていたのだろうと改めて思う。

そんなことを昨晩風呂に浸かりながらふと思い出したのだった。どういう訳だか自分でも分からない。そうしたら久しぶりに夢を見たのだ。それも珍しく鮮明に、しかもリアルな夢だった……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る