コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデビルマン倶楽部』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉&40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRAデビルマン倶楽部
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10500円
総回転数 ***回
大当たり回数 66回
確変回数 ***回
総出玉数 18252個
換金額 51000円
収支 40500円

新装初日!

ここのところ、羽根物を導入するお店がじわりじわりと増えてきているのは羽根物伝承者として嬉しいかぎり。ただ今の時代には特殊な台のように映るのか、粘るお客さんもあまりいないし、昔は羽根物ばっかり打っていたような年配の方も1パチに流れてしまっているような状況に見えるのが残念。来月には『マジカぺ』も登場することだし、今後もますます羽根物の登場を願わずにはいられない。まだまだ台数自体は少な目だが、それでもまさかこんな時代が来るなんて思ってもみなかった。

さて、今日は久しぶりに『デビルマン倶楽部』の新装開店がある。さすがに普段の新装とは違い、気合いが入る。なんとお店に着けば一番乗りだった。10分ほどすると、ちらほらと集まり始めた。それでも選んだお店が悪かったのか、開店の時間になっても20人にも満たないような数。釘のほうもなんだかなあといった大きさ。

もちろん、それでもとりあえずは打つ。どんな形であろうと羽根物だけは。時には見た目以上の鳴きがあることも少なくないからだ。早速打ち始めると、落としはまずまずの入り。役物の癖も悪くない。この辺りは『トキオデラックス』と比較すると判別は楽なほうだと思う。3000円を使ったところで初めての当たりがきた。ラウンドは8回。2チャッカーの入りが気になるが、なんとか保留を付けることができた。そして2回目の開放で王道ルートに玉が導かれたのか、オレが導いたのかは秘密だが(笑)、見事にV。これまた8R。

次は25回の羽根開放で拾った玉はわずかに6個。幾らなんでも拾わなさ過ぎなのか、拾わせられなかったのかは想像に難しくない。ここで待望の16Rが出た。ラウンドを消化しながら2チャッカーの保留に集中するが一向に入る様子がない。16Rが出てヘソに入らないなんて滅多にないこと。お隣さんはけっこう鳴いてるのだから、選択ミスということか。とはいえ見た目では判断しかねるような釘だものなあ。

それでも役物の癖とラウンド振り分けにも助けられて4500個ほどの玉が出た。しかし2チャッカーなしではやっぱり辛い。これじゃあ腕の見せ場がない。4000個前後のところを行ったり来たりしながら、見切りを付けたのは我ながら素早い行動だと感心。残念だけどしょうがない。15回の当たりで出玉は3756個。等価なので、これでも十分といえば十分。とはいえこれで上がる訳にはいかないので、ここからは恒例のぶらぶらタイム。今日は寄り道しないでちゃんと回るぞ(笑)。

一軒、二軒と見たもののこれといった収穫はなし。それでも上乗せをしたくて、ついつい4000円ばかり投資してしまいせっかくの儲けを減らしてしまった。さらにもう一軒、ここでも2000円の投資。なんだかんだと全部で9000円の投資だ。儲けは僅かばかりとなった。こうなった時にはと、考えていた店へ意を決して向かったのだった。少々遠いのだ。でも行けば堅く20000円ぐらいにはなるだろう。『デビルマン』か『トキオデラックス』、のどちらかを打つ。最近は以前に比べると『トキオ』も随分と好きになったことだし。

この後の流れを頭にイメージしながら店に着くと、なんだかいつもと様子が違う。あ〜、なんてこった休みかい。先日の「ダメ自慢コンテスト」に加えたい。一瞬頭の中が真っ白になってしまった。困ったぞ、ここが駄目な時の選択肢というものを用意してなかったのだ。一応、この近くに羽根物を設置している店が2軒あるのは承知してるが、釘が開いたのをこれまで一度足りとも見たことがないのだ。

ん〜、面倒だけど、面倒臭がらずに見て歩く人間だけが、たまたまの薄い部分を引けるのだ。行ってみるか。やっぱり「どこでもドア」が欲しい。そして空振りではなく、明らかなボール球を見逃して(釘が渋いということ)、店を後にした。


さまよいながらも……

そして最後に向かった店は、正直今日に関してここはないだろうと思った店。実は昨日もちらっと見た限りでは、ヘソの形など、ひょっとするともう二度と開かないように見えたのだ。向かいながらも、いやあ、あり得ないなあと思うこと度々。何度方向転換しようと思ったか。店に入り、『デビルマン』の釘を見て思わず、ハッとした。昨日とは明らかに違う2チャッカーの形。落としよりもデカイじゃないか。もっとも落としは平行に近い。それにしてもびっくり。これは嬉しい誤算だった。でも残念なのは等価じゃないってこと。

久しぶりに釘を見て動揺しているのが分かる。ドキドキしながら打ちだすと、いきなりヘソに入った。しかし上手く王道ルートには流れず外れ。落としもよく入ること。ただし寄りが少し悪い。それでも15回ほど鳴き7個目拾った玉がイレギュラー入賞でV。使ったお金は僅か500円。ラウンドは16Rだった。ここからは一気に出た。ラウンドも良いほうに偏り10回の当たりで16Rは半分の5回。

時間辺り軽く7回オーバーの当たりは快適そのもの。30回ばかり当たったところで、店に着いた時には満席だった台が一瞬のうちに空き台となった。釘を確認してみると、その中の一台がこれまたヘソが大きく開けられていた。寄り釘を見てもこっちのほうが良さそうだったのと、打ったこともない台だから打ってみたくなった。場合によっては明日も打てそうな状況なので台の癖を知る上でも打ってみる価値はありか。8000個ばかりの玉を流してチャレンジ。

すると今度は1000円の投資でVを射止めた。8Rが3回続いたあとに待望の16Rが2連チャン。役物の癖としてはあっちのほうが上のようだが、何よりも寄りがいいのでストレスがなくて打っていて実に楽しい。ヘソからの王道ルートも面白いように決まり、こっちはこっちでけっこうな玉になったじゃないか。結局3時過ぎから打ち始めて当たりは51回。出玉は2台で14500個余り。昼間3時間以上もさまよいながら、今日はよく頑張ったと思う。ちょっと出来すぎかな……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る