コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRスキージャンプ・ペア2 EX L9』 ほか  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRスキージャンプ・ペア2 EX L9
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 54500円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -54500円

■ダメ

時間になると、前に並んでいた専業のご夫婦が脱兎のごとくシマを駆け抜けていく。それを横目で見ながら、ゆっくりと台を見ていくと、無理すればなんとかなるかも?ならないかも程度の台が甘デジを中心に数台。しかし、どれもたいしたことはないが、とりあえず『スキージャンプペア』を押さえた。ヘソのサイズだけの比較。

あとはどうだろうなあ? まあとりあえず打ち出すとまずまずの回り。もしかすると一日座っていられるかもしれないと思うとほっとする。ほどなくしてリュウジくんもやってきた。彼もまた某甘デジを選択したようだ。今日はそういう日なのね、多分。

さて実戦内容に戻る。最初の500円で15回転もしてくれて、次の500円を入れるとさっそくチャンスがやってきた。サードロングという激アツからの「走ってみよう」リーチ。ジャンプ〜着地成功を経ないでダイレクトに「ラッシュ」に突入するやつだ。途中で鳩群も出たからかなり期待できるはず。

おっと! そのまま日本チームが勝利して「ラッシュ」にめでたく突入してくれた。右打ちでの連チャンは伸びるか否か。18ゲームがワンセットで、少しでもうまくいけば30や40ゲームくらいは続く。しかし右の拾いが悪いなあ〜。これだとなあ元々のスペックがキツイわけだし……などと心の中でぶつくさ言っているうちに、あっけなくワンセットで終わりですか、そうですか。

気をとり直して打っていくも、当初の回りはなんだったの?というくらいしか回らない。玉もなくなり追加投資をしばししたところで、台移動する。思えばこれが悲劇の始まりだった。移動した先は『アクエリオン 甘』。いつもよりはヘソが大きいと思う。しかし、リュウジくんも見て座らなかったのでたいしたことはあるまい。でもまだ打ったことがない子なので試し打ちってことで。

当初はよく回るのだ。1000円で22回転くらいはある。これはホンモノか?と思うがそんなことはなく結局数千円で捨てることに。うーむ、そこからはもう恥ずかしくなるので書きたくないが、怒濤のバラマキになってしまった。『セクシーフォール』『G1ドリーム』と甘デジ数機種にバラマキ続け、当たったのは『G1』で単発が2回のみ。

そしてそれからは、『甘・海』や『餓狼伝説』などを打ち回り、恐ろしいことに3時までに負債は4万円を超えた。財布はまたもやスカスカになるが、座る台座る台、どれも当初は回るのでついついついつい。それにしても、最後の当たりから何回転させているのだろう。トータルで確率の5倍程度は楽に越えているはずだ。

しかしながら一番問題なのは、当たらないことではない。どれもこれも打ち切れないことだ。挙げ句のはてに負債を取り戻そうと期待値の全くない(と思われる)マックスタイプにまでを手を出したのだから、バカ丸出し!さすがに1000円打ってふと我に返ったが、すでに精神のバランスが崩れている。
■下手

投資はいつのまにか、5万円も超えてしまった。素人だってこんなバカなパチンコはしないだろう。下手くその証明。いくら稼働日数が減っているからといってこんなに下手くそでは話にならない。さしずめ新雪の斜面ならば板も外れて大転倒して雪の中に埋まって出られなくなっているような状態だ。

そうそう、深い新雪で転倒すると立ち上がることもままならない。かつ板が外れるとその板がどこにあるかわからなくなりロストすることもよくあるのだ。ちゃんとした技術がないと、大変なことになるわけだ。

そして本日はその言葉どおりまさに大変なことになってしまった。空っぽの財布は見たくもない。負ける時があっても当然いい。それは恥ずかしいことじゃない。しかし今回みたいな打ち方は本当に恥ずかしい。まったくもって中身がない。こんなに下手になっていたのかと自分に呆れながらI店を後にする。

痛すぎる連日の大敗。さあ、今後どうすりゃいいのか? 迷い彷徨う日々はまだ続く予感。春は遠し。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る