> > 『CRGO!GO!郷3 N-T/N-TX』 他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRGO!GO!郷3 N-T/N-TX』 他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 このところ、夜はやく寝るせいか朝早く目覚める。目覚めたら散歩でもすればいいのだろうが、ベッドの上でダラダラと本を読む習慣がついている。最近良かったのは(まだシリーズ本なので継続中だが)「みをつくし料理帖」。江戸時代の小さな料亭を切り盛りする澪という娘を中心とした人情話だが、ストーリーも筆致も素晴らしく、思わず引き込まれる。

手塚治虫の「ガラスの地球を救え」も良書だ。「鉄腕アトム」が代表作のため晩年、原子力政策推進の広告として取り上げられたこともあったようだが、手塚治虫の思想はそんなものとはまるで違う。科学はあくまで自然と共存するためのものであるということがはっきりと描かれている。

あとは話題作「海賊とよばれた男」。これは出光興産の創業者をモデルにした半ばドキュメンタリーに近い小説。いささか美化しすぎている傾向も感じるが、「会社の利益よりも優先すべきは人々の暮らし」と考え、一人もリストラせずに数々の社会的横暴と闘う男の一代記。ブラック企業や利益のためならば環境破壊や容赦ないリストラを敢行する経営者とはまるで違う。作者の百田尚樹は「永遠の0」「モンスター」という名作も生んでおり、私的には大注目の作家である。

それにしても、この歳になっても知らないことはたくさんあり、学ぶべきことはまだまだある。まあ、だから生きている価値があるのかもしれないな。そんなわけで、朝の5時くらいから本を読み始め、デスクに就いたのは7時過ぎ。さあ、ここからたまっている原稿書きをしてから、出かけたのは9時30分。

平日は可能な限り打ちにいくと心に決めているのだ。とくにアテはないがまずは馴染みのI店(等価)に向かう。お店に着くと先客は10人ほどだった。気の良い兄ちゃんがニコニコして近寄ってくる。一言二言言葉を交わしているうちに開店となった。専業さんの姿は本日たった一人。一時はずらっと並んでいたのだが、最近のあまりの渋さにみんな鞍替えをしたみたい。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る