> > 『CRブラスレイター F』 他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRブラスレイター F』 他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 きなくさい世の中。流れるニュースはまるで戦前に回帰か!? と思わせるようなものがぐんと増えてきた。考え方はいろいろあってしかるべきだ。右も左もおおいに結構。しかし、憲法というものは、そもそも「権力をしばる」ものではないのか。どこかの政党の改憲案をざっと読んでみたけど、これが逆で「人々をしばる」ものになっているような印象を受けた。

それにサンセイだ!っていう人はそれでいいんだけど、一番いけないのは「無関心」ではないかと思う。マーティン・ルーサーキングも言っている。「問題になっていることに沈黙するようになったとき、 我々の命は終わりに向かい始める」と。

というわけで、自分も最近は憲法に関する本や資料を手に取るようにしている。それもいろいろな立場のものをなるべく広く。読めば、今の自分の生活がいかに「守られている」かが分かる。まあ、パチンコ業界だって例外ではない。社会派パチプロ(笑)として、今日の一言として読み飛ばしてもらえれば幸い。閑話休題。

ゴールデンウィークがようやく終わった。こう書くと楽しみにしていた方には失礼だけど、パチンコ打ちにはどうにもならないのが、盆と正月、そしてこの黄金の日々。そのどうにもならない日々が過ぎて、なんとか稼働ができそうな雰囲気が漂う。

今日は朝もはよからI店(等価)に向かった。1時間以上も前に着いたのだが、すでにリュウジくんほか数人の専業さんたちが並んでいた。気合いの入り方が違うなあ。この時点ですでに脱落している感があるが、まあいいだろう。とくに狙い目の台があるわけではなし。

それにしても、このところの負けっぷりはそりゃ「見事」。この道に入ってから最悪とも呼べる状況が続いている。まあ、等価ホールで、たいして期待値の高くないギリギリの台を相手に、少々の裏を食えばそうなるのも必然。いやしかし本当に資金繰りが苦しい。このまま破産してしまうのではなかろうか?という怖れも生じているのだ。

気のいい兄ちゃんが寄ってきて「決して引き出せない銀行に貯蓄してるみたい」と言うので2人で深くうなずいた次第。そんなことを話していると、ああ久しぶり古くからの知り合いの沼さんがやってきた。さっそく近況交換すべく、近寄っていろいろと話すけど、やはり口から出るのは景気が悪い話ばかり。あの鉄人、沼さんもなあ。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る