コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 ***
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 ***
換金額 ***
収支 24500円

■ばらまくが

ともかく贅沢を言っている場合ではないので、安くても座ることにするぞ。まずはそうだなあ〜『カイジ・甘』に着席。回りはボチボチ。時折狂ったように回るがその後はピタリと帳尻が合ってしまう。でもまあなんとかなるような気もするので、しばらく進む。8000円ぱかり使ったところで、カイジボーナスが当たる。

これがしょぼしょぼと連チャンして、2時間ばかり打つがやはり足りないと思う。1000個ばかりの玉を流す。そしてそこからは恒例行事のバラマキ行脚。これは止めたほうがいいのだが、リスクなくしてかこみは破れないとも言う。闇雲でもないわけだから、もう少し。しかし、当たらないまま投資だけがふくらんでいく。

ミドルやマックスでもそこそこのアケがあるので、打っていくがそう簡単に当たるものではない。トータルでは3万円を超える投資に到達してしまう。しかし、すでに古くなった『逃れ者 おりん』のミドルで食いつきをみせた。

疑似連からキリン柄タイトルという激アツ演出を経て、大当たりとなった。これが運良く確変に化けてくれてパタパタと玉が出た。アタッカーもよく、電チューで玉も増やせる。しかし勢いもここまで。やはり基本的に回りが足りない。

それでも、ズルズルと打ち進め確率ラインを超えたところで止めにした。玉は7000個程度になっていた。うーむ、まだマイナスの領域。さてどうしようか。スルーが悪いのは承知で『エヴァンゲリオン・甘』に着席。

電チューサポート中にどうやっても玉が減るので、通常時のボーダーは高めに設定しなくてはならない。まあいいや、展開次第で判断しよう。打ち出すとまあまあの回り。ステージが悪くないので、そこから決まりだせば回転率は上げやすい。

丁寧に打てば22個くらいはあるかもだ。確率ラインはとっくに超えて、投資はふくらんで行くが、まあ進め。2倍ラインに差し掛かるところで、金のステップアップでシンジくんまで進んだ。レイ背景も出てこれは激アツだ。

懐かしい「初号機リーチ」で大当たりとなった。前作までは随分打ち込んだ機種だが、最新作はいまひとつ何がアツイのか分からないが、全体的なテイストは一緒なように思う。やはり中々よくできている機種でもある。

この当たりは確変に昇格しそこから理論値以上の連チャンを呼び込んだ。合計7連チャン。しかし予想以上に玉持ちが悪いなあ。でも安くてもそこそこの期待値は残る。我慢しようと思う。


■何とか止めた

時刻はすでに夕方になっていたが、ここから頑張った。当たりは重いものの確変にまずまず恵まれ、一時は1万発の峰を越えた。結局は閉店1時間前まで打って、玉は減らしたが、期待どおりの当たりが出た。

今までの負けからするとたいした勝ちではないが、それでも貴重な1歩になるような気もする。ともかく負のスパイラルを一時的にでも、断ち切ることが出来たのだからいいとしよう。

真っ暗になった外に出ると、少しだけ夜風がひんやりとする。本格的な夏がくる前には梅雨があるんだった。雨の季節も嫌いじゃない。それもまもなくか……。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る