> > 『ぱちんこ神獣王デジハネver.』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ神獣王デジハネver.』  
text by タッキー
 
筐体画像 自動車レース界の最高峰フォーミュラーワン、いわゆるF1への復帰が決まったホンダ。かねてから噂されていたが、いよいよ再来年の2015年からの参戦ということになる。記憶が確かならば、自分が生まれた年に初参戦してから今回が第4期ということになるのかな。第2期はレース好きならば誰もが知るホンダの黄金期だ。

ケケ・ロズベルグのドライビングで第2期の初優勝を飾ったのは遠い記憶かもしれないが、セナやプロストの名を上げれば記憶にそう遠くはないだろう。ケケ・ロズベルグは現役F1ドライバーのニコ・ロズベルグのお父さんなのだから歴史を感じてしまう。ほかにもナイジェル・マンセルやジャン・アレジ、ゲルハルト・ベルガーなどが有名どころ。忘れちゃならない日本人ドライバー、中島悟、鈴木亜久里。佐藤琢磨や、あのシューマッハはまだずっと後のこと。

前回の撤退理由として、サブプライムローン問題に端を発した金融危機による業績悪化が一番の理由だったわけで、再来年世界情勢がどんな風になっているのか見当もつかないが、無事復帰できることをファンとしては祈るばかり。何せ前回は休止ではなく撤退という言葉で、F1を去ったのでもう二度と復帰はないんじゃないかと思っていただけに嬉しいかぎりだ。

現在、日本の自動車メーカーは何社あるのか知らないが、外国の資本が入ってないメーカーはトヨタとホンダぐらいなもので、自動車人気復活のためにも是非とも頑張って欲しいものだ。今回の復帰は前回とは異なり、マクラーレンへのエンジン供給という形だとか。まあそのほうがいいと思う、シャシともに供給するとなると、膨大な資金と開発時間が必要になってくるだろうから。

自分の中でF1といえば、やはりバブルの頃の第2期ということになる。自動車ブームと相まって、F1の人気は絶大なものだった。とはいえ、あの当時は仕事人だったので、とにかく仕事と女に忙しくて(笑)、ほとんどF1というものを観ていないのだ。再来年、自分自身とパチンコ業界がどんな風になっているのか想像つかなくもないが、それまでにはでっかい液晶テレビを買っておかなくちゃと、現実的なことを考える日々……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る