> > 『CRカメレオン ひかるバージョン』 他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRカメレオン ひかるバージョン』 他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 雪山生活(遊び)もまもなく終わり。出かけたスキー場もその日が閉鎖となる日だった。少なくなった雪をかき集めて場所をサーブするスタッフ達、商売とはいえそれは大変だったろうと思う。「ここにあるのがアタリマエ」「こうしてくれるのがトーゼン」みたいな考え方だけだといけないなあと自戒。

そんな時にふたつのいい出来事に出会った。ひとつは、テントでビールや飲料水などの販売をしている若い兄さん(ねーさんもいた・笑)のこと(休憩の時などにビールを飲みながら、いろいろ世間話の相手をしてくれた)。その兄さんに、スキー場から下山する時に最後の挨拶をしたところ「ぼくらも今日これで終わり、今から片付けなんで、良かったら使用済みだけどピクニックチェアを持って行きませんか?」ですと。冬月は友人達とバーべキューなどを楽しむ機会も多いので喜んでいただいた。

宿に帰るとママさんが「今日で最後ね、冬月さん毎年ありがとう。タケノコご飯炊いたから、帰る前に食べていって!」と。なんともうれしい出来事がふたつ重なった。野村監督だったかな、「人生は投げたボールしか返ってこない」と言ってたことを思い出す。それを思えば先日の人達の投げてくれたボールはいかにも温かく、人間らしいと思う。

冬月が今まで(決して短くない人生で)投げたひどいボールを思うと恥じ入るばかり。「後悔先に立たず」と言うけど、「今からでも遅くはない!」はずなので、反省してせいぜい今までよりもマシな玉を投げることにしたい。閑話休題。

山を降りて週明けの月曜日。カレンダー的にはいまひとつだが、まずはI店(等価)に向かってみた。10分前に着くとまずまずの並び。先週はいった新台の人気がそこそこのようだ。専業さんもリュウジくんもまだいない。つまりはそういう状況(アマリヨクナイということ)。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る