コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRカメレオン ひかるバージョン』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRカメレオン ひかるバージョン
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 25000円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 4298玉
換金額 17192円
収支 -7808円

■どうも打てない

開店ギリギリになってリュウジくんがやってきた。2人でぶらぶらと見歩く。「うーむ」微妙にアケとなっている台がいくつかある。とはいうものの、「アケたら回る」と確信を持って言える台は軒並みそのまま。デキワルのアケが多い。ここはお店の意図を感じる。とはいえ、何も打たずに帰るほどでもない。無理すればなんとやら……。

しかし、こういう中途半端な調整が一番やっかいで注意が必要に思う。何もないほうが清々と帰れるし場所替えも可能。冬月にとってはかなり悩ましい空気が漂う。ともあれ、釘に変化があり今まで打ってない台を少しばかり触ることにしようと思う。

まずは『カイジ 沼2』。ゲージは甘めだがステージからの決まりが弱い。よって1500円まで。次は『スキージャンプ・ペア2 EX』。この台のヘソがアケなのは始めて見た。しかしこれまた玉の流れが気に入らず1000円まで。そこから、数台打ってみたが、いまひとつ戦えない。『カメレオン 甘』のワープルートがいくらかマシになっているので試しに座る。

うははあ!? と心の中でつぶやくくらい玉の流れが悪い。500円で席を立とうとしたところ、最後の数発がヘソに入って前兆予告が発生した。赤エフェクトからグラサン予告。そして成り上がりのナレーションが流れてハッタリのリーチへ。途中で出たのは確かに「ピンクのヒョウ柄」だと思う。

おっとこれがまんまと当たって「サカモトボーナス」の4R。わずかばかりの玉だが、電チューサポート中に引ければST40回転+時短60回転ループの「全国制覇モード」に入る。とはいえ20回転やそこらの電サポではなかなか引けないというのが経験上ある。

しかし、チャンスはやってきた。17回転目に保留が緑そして赤に変化した。これはいいかも。松岡の背後にはピンクヒョウ柄が出た。ヤザワ先制攻撃で見事に当たったじゃないの。4Rだけどメデタシメデタシ。

3回目もチャンス到来。先読みと疑似連演出が重なって、対決リーチで勝利した。これがまんまと16Rに成り上がってくれた。それから数回当たりがあって、出玉は3000個程度に。最初からやる気があるわけではないので、連チャン終了後は即ヤメ。そしてそれから数台またもバラマキ街道。

リュウジくんはとある台にご執心。冬月はその後、2台でちょろっと玉が出た分を入れると少しだけのプラスになっていた。しかし、守るほどの勝ちでもなく、これでは明日につながらない。損を承知で数台に試し打ちをして、「納得」のいったところでギブアップ。この店で今日できることはもはやナシ。


■ちゃんとした

朝の予想どおり、「危険水域」にある今日のI店。リュウジくんに冷たい何かを差し入れて負け犬はとっととネグラに帰ることに。帰れば帰ったでやることはたくさんある。仲間との恒例になっているLIVE活動。年に2回ほどやっていたのだが、今年は夏場はやらない方向だったが、急きょ仲間のバンドとのコラボ企画が発生。

パーティ形式ではなく、一般のお客さんも集客するLIVEハウス出演なので、適当なことはできない。メンバーへの連絡や選曲の準備、そして勿論ちゃんとした「仕事」もしなきゃいけない。どんな玉を投げるか? でどんな玉が返ってくれるかが決まるのだから、ちゃんとするところはちゃんとしようと思いつつ帰る昼下がり。

パチンコはまた明日。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る