コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR新清流物語』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東A店 他
換金率 等価〜30玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR新清流物語
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 30500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 -30500円

■帳尻合わせ

I店に着くと、先客は数人。先週の新台入れ替えの賑わいはすでに去っているようだ。結構結構。さて入店してみると、いやはやひどい。というよりもどう逆立ちしても打つべき台は見あたらない。2周して退却。これはこれでとても「いい」。中途半端に打てそうな台があるよりはかえってこの方が清々しいというもの。

向かったのはA店(等価)。実は昨晩ほとんどの釘を見ている。これなら「やれるんじゃないかな〜」という感触を持った。さてさて朝イチのA店はまだ選び放題。専業さんもほとんどいない。つまりはそういう状況でもある。ヘソはともかく広く調整されているのがベースなので、そこよりも寄りが大事だと思う。しかしストロークによっては、なんとかなるのではないか?と思う。

まずは『花の慶次・甘』に座った。最初の1000円で27回転。まさかね?と思ったらやはり次は7回転しかしない。そしてそこから、ともかく勉強がてらあちこち打ってみたが、回るのは最初だけ。結局1000円で20回転に届くような台は見つけられず。というかないんじゃなかろうか。

しかも、アタマにくるというか腹が立つのは、グルグル回りの瞬間の次は沈黙するという帳尻合わせがどれを打ってもあること。「やってられない!」マックスタイプやミドルもおしなべてその傾向。これで最後だとばかりに着席したのは『清流物語・ミドル』。

朝打った時に1500円でぶん投げた子。だけどいま思えばマシな玉の動きだったのではなかろうか?と思える。よってこれでダメ(勝負できない)ならば撤退だ。トータルで2万5000円目となったところで、チャンス目メダカの疑似連から突確をゲットした。長い道のりだ、今日もまた。

玉ナシだけど、電チューサポート付きのST。右打ちを開始すると少しだけ玉が減る。許容範囲か否か?35回転目にウキアクションから偶数のレギュラー当たり。45回転目も偶数レギュラー。そしてこれで連チャンは終わり。「苦労」多くて実入りは少なし。

持ち玉と再投資したが、打ち続けるほどのものでもなし。傷心のうちにA店を後にする。傷心の理由は負けたことではない。打てる台が見つけられなかったことで、今後につながらないからだ。

でも今日はあきらめない。移動したのはE店。しばらく行ってないので交換率は不明。以前は30玉交換だったのだが、おそらくそれと大差はなさそうだ。狭い店内をぐるっと歩いて、座ったのは『浪漫・甘』。割と得意な機種だ。釘読みとストローク、合わせ打ちが割とできる。この釘だと1000円22回転はあるか?!
■ああ、また

打ち出すと、ぴったりそんな感じ。ならば行くか、イケルとこまで。意気込みも反映してすぐにモード移行演出。いかにも、潜った感じ。しばらくその状態が続いて2000円目に「大盤振舞」がダイレクトに揃った。これがさっくりと7連チャン。そして早い当たりだが単発。そして7連チャン、単発と続いて少しばかりの玉が出た。この店は貯玉が使えるので、スタッフさんに聞くと「手数料はナシです」とのこと。

ならば、勝ち負けは度外視して貯玉を作れれば幸いだ。それから3時間。コツコツ打ったが、最後に450回転当たらず。手元の玉も消滅したところで夜となった。ああ、またまた結果が出ない。それどころかA店と合わせての大敗だ!

でも、ここなら「まだ打てるかな?」の感触を得たのは幸いということにしておこう。ともかく座っていられることを優先しないと、勝つとか負けるとか以前の問題なのだから。

世情も暗い、冬月のパチライフも暗い。でも生きていればそのうちなんとかなるだろう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る