> > 『CRマジカぺ』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRマジカぺ』他  
text by タッキー
 
筐体画像 大人になってから知り合う「友」というものはいいものである。特に自分の場合はソフトボールを通じて知り合った人間が多い。そこには年齢以外の上下の関係がなく常に対等なのだ。誰がどんな仕事をしていようがプレーには関係なく、プライベートにおいても、なんのしがらみも無いのだ。そんな仲間の中でも最も気の合うY君がこの度転勤で関西へ行ってしまうことになった。もうやつとは15年ほどの付き合いがあり、交際費というようなモノがあるならば間違いなく一番使ったであろう。

日曜日など試合のある日は、試合が終わった後もユニフォーム姿のままで夜まで飲み歩いたもんだ。普段の日も週に二度三度と夜の街へ繰り出したのは昨日のことのようだ。お蔭でオレもやつも多少人生の軌道というものが狂ってしまったところもあるにはある。それぞれ頑張って修正し今に至るというわけだ。もっとも自分の場合、修正しようもないのだが。今夜はそのY君の送別会がある。送別会といっても気の置けない仲間だけのささやかな会だ。さすがに人前で感極まって泣くことはないだろうが、次はいつ会えるとも分からないので大いに盛り上がって送り出してあげようと思う。

さて、今日は週末ということもあり、店選び、台選びというものに失敗すると大きな痛手となる。加えて、打てる時間も7時頃までがリミットなので、のんびり昼飯など食ってる時間はないのだろう。まずは最近ずっと通わせてもらっている店へと向かった。土曜日ということもあり、まずまずお客さんも多い。店に入ると『CRマジカぺ』の釘が、寄り釘一本だが確実に開けとなっている台を発見。時間もないのでさっそく打ち始めることにした。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る