コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAトキオデラックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 6500円
総回転数 ***
大当たり回数 69回
確変回数 ***
総出玉数 10837個
換金額 43000円
収支 36500円

今日は近場で……

さて、フィールドは無限といいながらも、今日はまったくといってアテがない。どうしようもないので本日はご近所から攻めてみたいと思う。無限とやらが聞いて呆れるというやつだ。もちろん狙うは羽根物の『トキオデラックス』か『デビルマン倶楽部』のどちらかということになる。向かった先は、パチプロ実戦では書いてないが、あぶれてしまった帰り際などにちょこちょこ打ってまあまあの感触のお店。というよりも『トキオデラックス』ただ一台だけなのだが。役物はまずまず良い部類だし、釘だって決して悪くはないが、スランプに陥った時はやはり釘の足らなさを感じてしまうのだ。結局この釘じゃ駄目ってことだ。

そんな台でも短時間ならば十分勝負になって、これまで食い付かなかったことが一度あるだけで、あとは等価ということもあり幾度となく勝ち逃げさせてもらっているのだ。ん〜、これじゃ素人さんと変わらないじゃないか。そんな台をたまには朝から腰を据えて打ってみようと思い向かってみた。もちろん、ほかにも理由があり、この度の入れ替えで島が変わったというのも打ってみたくなった理由。しかしずっと万年釘だったものが今日見ると僅かに締まっているような感覚だ。1週間前に見た記憶なので確信はもてないが、きっとそういうことだろう。ということは、癖が少し良くなったという裏返しなのか。

とにかく打ってみる。相変わらずいつも出だしは好調。1500円の投資で14個ばかり役物に入賞があり、それがSPルートへ向かってV。次は、6個、さらに4、7、4、3、3と、一桁代の当たりが続く。かなり良い感じ。デジタルが悪いものの1時間で10回もの大当たりを記録。いけるのかと思ったところ、突然のスランプに見舞われた。さっきまでの一桁代の当たりが嘘のような嵌り。43個目がようやくSPルートを抜け、V。

心なしかSPへの玉も少ないように感じてきた。おまけに鳴きもここへきて、すっかり止まってしまった。もうこうなると、早く飲まれてしまえの心境なのだ。持ち玉も上皿だけになり、あと少しということころで当たってしまった。3Rに何故かホッとした瞬間だった。当然のように玉はなくなり逃げるようにして店を後にしたのだった。


思わぬ拾いモノ……

さあ、こうなった時が辛い。この界隈じゃ打てる店なんてないに等しいから。あとはここから上って行くか下って行くかの二つに一つ。しかしこの時間から上って行って駄目だった時のことを考えるとなあ……いやそもそも今日は上っても無理だと判断したから行かなかったんじゃないのか。ならば、たまには近場を見ながら下って行くのもありだろう。

まずは、たまには開けることもある自宅からも歩いていけるお店を覗く。週に1回あるかないかの頻度で釘の動きがあるにはあるが、ここを一番にもってくることは殆どない。新装開店ならば場合によっては打てるかなあといった状況。面倒くさいなあと思いながらも、車を停めて人もまばらな店内へ。羽根物のコーナーは人っ子一人いない。ざっと釘を見ると、『トキオデラックス』にまさかの開けを見つけた。思わず目を疑うほどに大きい。

この台、以前にも開けられていて、その時は夜になって帰り際に見つけ2000円ばかり打ったものの、手応えを感じずに止めてしまったのだ。それからしばらく経って見に行った時はすでに締まった後だった。今日はあの時見た時よりもさらにデカイのだ。とはいえ役物に確信がもてないので手放しでは喜べないが、多少心の中でニンマリしたのは言うまでもないか。

さっそく打ち始めたものの、やはり役物は少ししんどいような感覚を受ける。ただし、鳴きも寄りも抜群だ。普段打っている40玉の店よりもいい。1500円で食い付いたものの3Rだった。この後も3Rの連続でなんだかんだと4000円も使ってしまった。5回目にしてようやくというほどでもないが、16Rが当たった。さらに16Rの連チャン。当たりのほうは一桁代が一度もなく、常に15個前後を推移。しかしその後はラウンドに恵まれ10回の当たりの半分が16Rだった。

役物はやはりこんなものなのだろう。そうなるとこの釘じゃないと駄目ということか。それでも普段は平行に近いのだから、状況の悪さが伺い知れるというもの。10回目の当たりを期に突如早い当たりが連発。6、2、5、1、1と、まるで別の台を打ってるかのように変貌した。そうかと思えば、22、43、24、20と、スランプなのかこの台の本性なのかは分からないが、とにかく鳴けど拾えどというやつ。それでも今日はよほどのことがない限りは夜まで戦えるという安心感がある。30回の当たりで持ち玉は6000個になった。

さらにこの後も同じような展開が続くが、時折びっくりするような当たりかたもあり、夜になって訪れた、この店の常連のたけし君と並んで打ちながら大いに盛り上がる。結果、無事10000個超え達成。たまにこういうことだってあるのさ。たけし君に付き合って、閉店間際まで打ったパチンコは久しぶりに楽しいひと時だった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る