コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 19000円
総回転数 1620回
大当たり回数 42回
確変回数 ***回
総出玉数 9989個
換金額 30000円
収支 11000円

随分と遠回りしてしまったが……

さて、そんな少しだけ打ち辛い店に朝からのこのこと向かう気にはなれず、まずは本日導入の『CR海物語in沖縄3』をちょこっと触ってみようと思う。長らく、変わることのなかった『海物語』もとうとうこんな風になってしまったのか。絵柄自体は変化はないものの、見た目のインパクトはシリーズの中でもぴか一だろうか。この間、等価の店で見たヘソと比べると二回りもデカかったので思わず腰を下ろした。

しかしながら、いろいろとストロークを工夫しながらも、回りのほうは1000円20回がやっと。ということは、あの時の等価の釘はせいぜい回ったところで1000円15回が関の山ってことか。もちろんあの日は新装初日だった。ま、そういう時代ということなんだろうか。5000円ばかり打ったところで、我に返ってぶん投げた。その後も何軒か見ながらついついお金を使ってしまった。気付くともなく、使ったお金は15500円也。これだからデジタルは嫌(笑)。

こうなってしまうと、朝から無理してでも行っときゃよかったなと思う。随分な距離を走ってしまうこととなったが、無事本命の店に辿り着いたのだった。座ったのは、久しぶりに打つ『CRリング呪いの7日間FPW』だ。ヘソもスルーも今日見た40玉のあの店よりもデカい。気持ちを切り替えて、まずは1000円をサンドに投入。すると、22回の回りがあった。もうちょっと欲しいところだが、玉も増えるし贅沢かな。

次は25、24と、なかなかの手応え。3500円を投資したところで、ミニ貞子の持つプラカードにいきなり「灼熱」と出たではないか。掛かったリーチは「貞子覚醒」智子編。当然の如く当たりとなった。しかしラウンドは残念な2Rだった。さらに残念なことにSTもあっという間に駆け抜けてしまったのだ。最後の35回転目、驚くなかれ「パトランプ」出現で大当たりとなった。ここからせきを切ったように早い当たりが続いた。5、5、10、25と当って全部で6連チャン達成。

104回転目には最強リーチ、「貞子終焉」で大当たり。待望の14Rが出た。2連チャンで終わるも、電チューの保留でテンパイしたではないか。久しぶりに見る「デンジャー柄」はなんだか懐かしくさえ感じるほど。もちろん大当たり。ここからなんと9連チャンまで続いたのだ。その上14Rが二度も当たるという暴れっぷり。

さらに102回転目には緑の保留変化から「デジャヴパニック」へと発展し大当たり。今度は4連チャン。これにていろんなところでばら撒いた分と、この台の投資を含めてプラスに転じたのだった。これが夜ならば引いてしまえるんだけどなあと、ちらっと思ったのが運のつき。心なしか回りのほうも打ち始めよりもぐんと下がってしまった。なす術もないままドル箱が一つ二つと消えてゆく。


ゾーンに突入!

チャンスらしいチャンスもなく、迎えた393回転目。突然背景がデンジャー柄に変わった。疑似連が一回だけというのが心許ないが、それでも貞子のギミックが両手落下し、「ぼうこん」リーチへと発展。タイトルもカットインも「金」だった。無事当たったものの、突確も含めた3連チャンは2Rが二回だけという寂しい結果。

次はといえば、決して早くもない168回転目、疑似連一回から画面にはプレミアムキャラが登場。「貞子終焉」リーチで大当たり。救われたのは「333」と三つ揃ったこと。単発で終わってしまったが、まだまだ残された時間はある。回りも幾分回復してきたことだし。それでも20回ちょっとの回りでしかないのだが。

116回転目、保留が突如赤に変わったぞ。甘といえども一日打って、一度あるかないかの演出なのだ。ここからデンジャー柄のエフェクトが発生。「貞子覚醒」陽一編で当たった。ん〜、しかしわずかに2連チャンで終了とは。結局のところやはりあの場面が本日の最高値ということだったのだろう。もうここまで来たからには後戻りはできぬ。あともうひと踏ん張り。

久しぶりに早いのがきた。52回転目、金色のエフェクト発生。金の「貞」の文字。「貞子覚醒」のカットインもこれまた金で、当たった。「111」。19回転目にも金のエフェクト発生。「デジャヴパニック」から大当たり。ここから3、5、1、と当たり、28回転目には巻き戻しでSTのやり直し。しかし残念、少しの玉が増えただけで終了。全部で5連チャンということ。

ところがまたしても電チュー消化の保留でリーチが掛かった。これは一回で終わったものの、三たび、電チューでリーチが掛かる。そしてここから5連チャンまで伸びた。11連チャンのようなもの。最後も早いところで仕留めて3連チャンしたところでいい時間になった。ホントはもうちょっと打ちたいところだったのだが、この時間になると島には人っ子一人いなくなってしまったのだ。さすがにこれじゃあ、やり難いってもの。
よ〜し、せっかくだから明日のアテを探してお家へ帰ろう(働き者だなあオレ)……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る