> > 『CRA大海物語2Withアグネス・ラム 』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA大海物語2Withアグネス・ラム 』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 当面の日本の未来を大きく左右するであろう選挙が終わった。相変わらず低い投票率は残念なことだった。人にはそれぞれの考え方や事情がありそれをうかがい知ることはできないので、棄権した人をむげに批判はできないけど……。このままでいいのだろうか?という気持ちは残った。

さて、暑い日々が続く。時間は比較的とりやすいが、そうなるとなかなか打てない釘ばかりという相も変わらずの巡り合わせに苦戦中である。大量に設置された台の中からわずかに動きのあった台を探してコツコツ打つ。

それが見つからなければ移動か帰るという繰り返し。今日はどうだろうか? 幸いにもわずかでも釘が動くのがI店の特徴。ただ良い方に動くことは少なく、たいがい悪い方に動くことが多いのだが。

I店に着くと、暑さのせいか釘のせいか懐具合のせいか、それらの混ざりが分からんが人は少ない。まあもともと混雑している店には行きたくないワガママなオトコなのでこれはこれで居心地がいいとしておこう。

入店して釘を見ていくと、基調は渋いが何とかなりそうなのが甘海に1台。ただし、ステージのクセはいい方じゃなく、電チューサポート中の玉持ちも苦しい子だ。とりあえず喜ばずに抑えて、ほかを見て歩く。うーむ。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る