コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA大海物語2Withアグネス・ラム 』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 『CRA大海物語2Withアグネス・ラム』
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 12000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 8011
換金額 32044円
収支 20044円

■魚群とマリン

無理して打とうすればマックスに1台。しかしこれとて1000円19回転がいいところだろう。ほかには手を付たことがない新台の動きがあるが、この店の最近の習いとしてはまず回らないと思う。

台を抑えたまま、いったん外に出て缶コーヒーを買いに行く。愛しのあの子がいれば朝からカウンターでコーヒーを飲むのだが(とっくに辞めてしまった・涙)、店内に置いてある自販機の銘柄はいまひとつなので、わざわざ外に出た次第。

戻ってもう一度釘を見てつらつら考える。「このまま打たないで帰る」のが一番カタイように思う。打ったところでギリギリの勝負にしかならない。でも、待てよ。ほかにアテがあるのか?といえばそんなものはない。となるとほかに選択肢はないだろう。

それに釘が動いたという事実はある。それが唯一の拠り所。いつものように、会員カードを差し込んでから、福沢さんを挿入と思ったが、財布の中に昨日の精算で残った夏目さんがわさわさいるので、1枚ずつ差していった。

合計10枚を入れ終わっていざ打ち出す。最初の回りは思ったよりも少し多い。1000円でギリギリ21回転はキープしている。とはいうものの、出玉と電チューサポートを考えるとこれでも喜ぶほどのものではない。

相も変わらず初当たりは遅い。5500円を投入したところで、本日初の魚群登場。マリンのリーチとなってサメで当たった。そういえばこの機種前回打った時は12回だか連続でSTをスルーしたっけ。

今日もその口だった。リーチもかからずそのままスルー。時短では魚群が出てハズレるなあ〜これ、と思っていたらやはりそのままハズレ。玉はなくなり買い足しと確率ラインを超えたところでまた魚群のマリンからサメ。

そしてSTと時短もスルー。デジャブすぎるわな。そしてこの玉も飲まれてまたも買い足し。12000円まで追ったが、当たりはないし回りも21回転を少し切るようになった。

仕方ない。ここはいったんヤメとしよう。と思ってカードを抜いて席を立とうとしたら、最後の保留で魚群が流れた。立ったまま見ていたら当たりですと。カニが3匹。しかもラウンドには15が点灯していた。下皿に3個くらいの玉があったので、それで当たりを消化した。仕方ない移動はお預けか。

そうしたところ、ようやくSTの2回転目にキュインときての大当たり。何回転ぶりだろう。こんなに1/10が当たらないものだろうか、というくらい久しぶりのST連チャン。しかしこれで連チャンは終了。つーか、なんで100回転の時短が付いた時にSTで当たるの?という感じ(笑)。

と思いきや、時短直後の保留玉でノーマルでまたカニが3匹。そしてここから展開が変わった。3回転、4回転、2回転ととりあえずSTで3発。時短で2発と華麗なる6連チャンとなった。

そしてその時短が終わるやいなやまたもや3連チャン、2連チャンと当たりが続いてくれた。いつのまにか収支はプラス。もともと移動しようと思っていたところの当たりなのだからただの僥倖であり、流れが切れたらそこでまた考えよう。

ところが、流れはそのまましばらく続いて、あっという間に9000個くらいの玉となった。なんとなく確率ラインまで回したところで玉を流すと8011個。


■素顔のままで

運良く拾ったような勝ちにしか過ぎないが、これ以上打ち続ける値打ちは……ないこともないが期待値は低い。等価のパチンコはとくにそういう判断が必要になる。

時間は早いけど、帰ればやることは山ほどたまっている。というわけで拾った勝ちに「満足」して帰宅する。バンドのスケジュール調整や残ったコラムの原稿その他、いろいろなことが待っている。

車に乗りこむとFMからビリージョエルの「素顔のままで」が流れてきた。いい曲だなあ。今度、冬月がこの名曲を歌うというのは内緒だ(笑)。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る