> > 『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 このところ水害などの被害が各地で起きているが、幸い自分の居住地にまで影響はない。自分の身に降りかかからないと、その辛さは分かりにくいもの。しかし想像はすることができる。被害に遭われている地域にこれ以上の被害が拡大しないことを祈る。

3.11の津波被害だってそう。まだ2年しか経っていないのに、もうあの被害は風化しつつある。加えて原発事故だってどこへやら。再稼働やプラント輸出やら、どんだけ無神経なのか!?と思っていたところに今度は、大量の汚染水が漏れだしていることが発表された。(しかも選挙の次の日に!)

海洋国家である日本が海を守らなくてどうする! と思う。加えて農業被害も深刻である福島の農業に携わる方が6月6日に行われた「東京電力・政府合同交渉月文科省との交渉」で次のように言っていた。

「風評」「風評」って言うけどね、風評じゃないんですよ。いいですか! 風評っていうのは「根も葉もない」ことなんです。根にも葉にもあるの! わかる? 農家は農地を汚染されて何1000ベクレルって、私測っています。全部あるんです。それ持っていってくれよ!そういうなら。「風評被害」って言うんだったら。全部持ってってくれ!

ほとんど大手メディアではこういうトピックは取り上げられないから、こういう叫びはほとんど無視されていると言っても過言じゃないと思う。よってそこにも深いタメイキを付きつつ暮らす日々である。

さて、本題に移ろう。ここのところお盆前の進行で取材などが重なったり、バンドの練習やら飲み会やらがあったりで、ほとんど打つ時間が取れていない。今日も今日とてホールに足を踏み入れたのは夕方前の時間。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る