コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデビルマン倶楽部』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRAデビルマン倶楽部
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 11500円
総回転数 ***回
大当たり回数 63回
確変回数 ***回
総出玉数 11020個
換金額 27500円
収支 16000円

お宝はあるのか……

さて、そんな体たらくな毎日だが、今日は思い切って遠くまで足を延ばしてみようと思っている。家から1時間半ぐらいは掛かるのだろうか。満員電車に揺られて行くわけではないので、これしきのことで音をあげるわけにはいかない。随分前だが、一度だけ行ったことのあるお店。まるで状況は分からないが、羽根物に関しては台数も多く、『デビルマン倶楽部』ならばひょっとして打てるんじゃないかとずっと思っていたのを今日まで延ばし延ばしにしていたのだ。

どういうわけだか今日は急に行きたい気分になったのだ。朝の通勤ラッシュはちょいとばかり辛いので、遅刻覚悟で家を出た。その前に一軒覗いてみたいお店もあったので丁度いいのだ。なんだかんだと店に着いたのは11時過ぎのこと。店に入ると、人もまばらで自分にはぴったりの雰囲気。それでも新台だけはまずまずの客付き。お目当ての『デビルマン倶楽部』の釘はというと、寄り、落とし共に並み。ヘソに関していえば、見た目は悪くないといったところ。

さあどこまで鳴いてくれるのか楽しみだ。『デビルマン倶楽部』を打つのも久しぶりのことだしね。『トキオデラックス』に慣れてしまったせいか、少し物足りなさを感じるが、ホントはこっちのほうがダントツに面白いのだ。さっそく打ち始めると、いきなりヘソに玉が飛び込んだ。しかし羽根は空振り。一発も拾ってくれなかった。それでも1000円を投資した9個目の玉が王道ルートへ向かいV。ん〜、残念2R(実質1R)だ。

当然のように買い足して、今度はステージ奥から斜めに玉が勢いよく弾かれ当たった。8Rが当たり、終わった後の保留で王道ルートへ玉を向かわせることに成功。当然、狙っているのでV。しかし今回も2R。次は18個目の玉が当たるも、16Rは出ず、8Rと2Rを交互で引いてくるという間の悪さ。さらに次は20個ばかり嵌ってしまい挙げ句はまた2Rだった。なんだかんだと5000円も使ってしまったじゃないか。役物の癖もどちらかといえば良くない部類。飲まれたところで見切りをつけてぶん投げてしまった。

お次はちょっとだけ気になった『トキオデラックス』を打ってみようと思う。こっちのほうが相変わらずの人気なので、すぐに空き台がなくなってしまうから。座ってわずか一回目の開放で2個拾い、そのうちの一つが回転体をよっこらしょと乗り越えて当たった。なんだかねえ、こっちにきても3Rからの始まりかい。飲まれてまたお金を使い、15個目の玉がSPルートへ向かいV。今度はてっぺんまで行ったかと思いきや、突起に弾かれ7R。

さらにお次は20個目の玉が舐めるようにしてミニタワーの足元を抜けSPルートへ向かいV。しかし今度も7Rに泣く。調子よく鳴いていたものが突然おとなしくなってしまい、あっさりと飲まれてしまった。どうやら釘が足らないってことで諦める。ばらまきはまだまだ続く。なにせ台数も多いから、この程度では終われないのである。ここまで使ったお金は8000円。16Rさえ出ていればこんなには使わなかったのに。


手応え十分……

また『デビルマン倶楽部』に戻ると、今度はなかなかの感触。ヘソによく飛び込むのだ。しかしちっともタイミングが合わず、25個目の玉がようやく王道ルートからV入賞した。そして今日初めての16Rが出た。役物も悪くはないし、ヘソだってよく入るが、一つだけ問題あり。どうもストップボタンの具合がよくないのだ。押しても反応が鈍く、微調整ができない。これは困ったぞ。

ただ、玉の打ち出しを止めるだけではなく、羽根開放に合わせて微調整というものが必要なのだ。一瞬だけ押す時と、普通に1拍ぐらいのタイミングで押す時、さらに、1拍半ほどのゆっくりしたものと、3つのボタン操作ができないといけない。このボタンの具合じゃ打ち出しを止めるのがやっと。さすがに、微調整が効かないから直してくれとも言えず、我慢しながら打った。

一時は4000個ぐらいまで玉が出たものの、やっぱり少しずつ影響が出始める。2000個まで落ち込んだところでギブアップ。さて、どうしようか。玉を流して違う台を打とうと思ったところ、このコーナーは持ち玉での移動がオーケーというルールのようだ。ならばと、きっと最後になるであろう、これで4台目となる『デビルマン倶楽部』に座った。こちらは役物もまずまず良さそうな雰囲気。時折ステージ手前に落ちてきた玉がピンボールのような動きになる。

移動してきてすぐに当たりとなった。ここから16Rのラッシュで10回の当たりで持ってきた玉と合わせて一気に6000個にまで到達。4000個の玉があっという間に出たということ。ヘソも役物の癖が良いわりにはけっこう入る部類じゃないだろうか。これならば十分戦えるぞ。久しぶりに本気で打つ『デビルマン倶楽部』は気持ちいいのだ。8、8、6、5、3、1、1と、横からと、王道ルートを織り交ぜて早い当たりが続く。ラウンドも16Rに偏り、密かに目標としていた8000個を一瞬で達成。等価じゃないのが残念だが、まあ仕方のないことだ。

そして最終的に、大逆転で11000個の玉が出た。台数的にみてもしばらく通えそうな予感。ちょっと遠いけど、道はさほど混まないようなので、案外楽に通えるかもしれない。これでまた家にいる時間が少なくなるなあ……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る