> > 『ぱちんこAKB48』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 世間はお盆である。ものの本によれば「 日本における「お盆」は、仏教に於ける盂蘭盆(ウランバナ)の行事―地獄の苦しみをうけている人々をこの世から供養することの功徳によって、その苦しみを救いたいという行事と、昔からの今の自分があるのは、ご先祖さまのお陰であると感謝する先祖崇拝の心と合体したもの」と言う。

後者の理屈はよく分かるが、前者はつまり「苦しんでいる人」を救うアクションとなるわけか。なんでも「盂蘭盆というのはインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、 転じて「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味だそうだ。

ふーむそうなると、本質的なところでは、戦争の惨禍で苦しむ世界の人々や3.11で被災した人たちや、いまなお故郷を離れ、避難生活を余儀なくされている人たちにも関係するのかもしれないな。冬月は無宗教だが、こういう古来の教えというのは深みがあってとても面白い。

というわけで、世間はお盆で休みの人が多い。つまりはホールにとっては、黙っていても集客が見込める時期であり、正月と並んで2大稼ぎ時でもある。釘が厳しくなり、回収シーズンであることは言うまでもない。

しかしながら、行ってみないと分からないのがホールというもの。そんなわけでとりあえず出かけてみた。いつものI店(等価)である。10分前に着くと、やはりいつもよりはるかに人が多い。30人以上は並んでいるだろう。10時になると50〜60人の並びとなった。なかなか壮観。

かつて通っていた店などは、歩道にあふれるくらいの人が並んでいたものだが、今はもうそんな光景はとんと見かけなくなった。入場していくお客さんの大半は1パチコーナーと新台の場所へ流れていく。それを横目で見ながら、まずは甘デジのシマから流していく。

まあ予想どおりの感じ。キツキツではないが、喜んで座れるような台はない。時折、ヘソが大きい台もあるがそれはどれもこれもデキ悪ばかり。ヘソが開いても回らない辛いゲージかもしくは、寄りが殺されているものばかりだ。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る