> > 『CRAトキオデラックス』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
text by タッキー
 
筐体画像 長い時間パチ屋という箱の中にいると、大雨や台風なんかが接近していても知らぬ間に通り過ぎていることが多い。ある意味安全な場所ともいえよう。もちろんしっかりした作りのパチ屋での話だが。逆に言えば、テレビや携帯とにらめっこしていない限り情報不足に陥ることもある。この間の関東地方で起こった竜巻被害もそうだ。夜家に帰ってテレビを観て初めて知ったというもの。この日は珍しく携帯もほとんど見ることがなかったので、あんなことが起こっていたとは知る由もなかった。

あの地域は、若い頃サラリーマンをしていた時代に、毎日のように車で走っていた場所だ。当然ながら土地勘もあり、知り合いや友人も多く住んでいて、ニュースの映像を見た時は思わず声を上げてしまったほど。幸いといっては申し訳ないが、亡くなられた人がいなかったのは何より。友人に連絡をとると皆無事で、中には数百メートル離れたところを竜巻が駆け抜けていったなんていう人もいた。

からっからに乾いた夏が終わったと思ったら、この土砂降りの雨だもんなあ。いまも近くで雷がゴロゴロしている。観測史上最大の……なんて言葉にはあまり驚かないが(なぜなら、長い地球の歴史からすれば観測をしているスパンがあまりにもみじか過ぎるのだから)、大丈夫か、日本列島と尋ねたくなる。

あまり激しい雨だと遠くで打つのも心配だなあと思いながらも、いつものように店まで辿り着いた。着くなり、けっこう激しい揺れがあった。一瞬竜巻のことが頭にあったので慌てたが、竜巻ではなく地震だった。それでも最近では大き目な揺れだったと思うが、肝心の携帯から発する例のあれ、うんともすんとも言わなかったぞ。この間はけたたましく鳴って慌てたが、やっぱり肝心な時に鳴らない。まったく使えないったらありゃしない。ああいうのは、民間の警備会社かどこかに任せたほうが間違いはないと思うのだが。どうだろうか……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る