コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRAトキオデラックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 ***
大当たり回数 66回
確変回数 ***
総出玉数 16420個
換金額 41000円
収支 40000円

お祭りモード!

さて、ここまで来たからにはしっかり打ち切って帰りたいが、天気の状況を見ながら早帰りしたほうがいい時は、無理しないで適当なところであがったほうがいいだろう。だからという訳でもないが、今日は羽根物を打とうと前日から決めていた。もっともその前日も羽根物を打ってはいたのだが。新台が入ったお蔭で『トキオデラックス』が配置換えとなり、昨日は役物のデキを確かめるべく、何台か打った。

確か、この台は何番目に設置されていたやつだっけ。という風に元あった台の確認作業。そんな時、何を頼りに探し出すのが一般的なのか。今回の入れ替えで、『トキオ』に関しては、そのままの状態で台移動したのではなく、少しシャッフルされた形となった。役物に付いているキズで見抜く? それとも台の右下に貼ってある製造番号で見抜く? 素人さんならばいざ知らず、やっぱりパチプロなんだから、こんな場面は釘で判断したいもの。

特に羽根物なんて、CR機と違い釘にメリハリがあるのだから、プロならば訳なく見抜けるはず。そうなると、ここの台は以前何番目にあった台で、という感じでパズルは完成する。たかだか、5ピースぐらいなのだからわけないだろう。ただし、この店の場合、癖の悪い台だからといって落としが甘めかといえばそんな風じゃない。普通ならば、甘めの状態で配置換えでもあろうものならば、大チャンスなのだが、残念ながらそういうこと。

まあそれでもほとんど使えなかった台が使えるようになれば、それはそれでシメタもの。ただ経験から言って、デキの悪いのは何処へいってもデキが悪い。デキのいいのはやっぱりある程度は活躍してくれると思う。となると、この店の『トキオ』はどれも中途半端な台ばかり。ひょっとするとひょっとするかなあとも思う。ずっと変わらない釘相手にあえて戦いを挑もう。

配置換えしたぐらいで、台のデキが変わるのかと思われるが、昔ほど大きな変化はないが、打ってみる価値はあるといえよう。台のネカセや立てつけによって微妙に玉のスピードや動きが変化するものなのだ。役物の個体差もおうおうにしてあるが、実際に同じ『トキオ』でも、役物に入ってSPルートを通過する玉のスピードなど、かなりの差があるということ。もっと細かく言えば、玉詰まりなどで一度台を開けて閉めなおした後でもコンマ何ミリかの誤差は存在するものだと思っている。昨日と今日ではまるで台の性格が変わってしまった、なんていうのもそんなのが理由かもしれない。

もちろんお店が意図的にネカセを変えちゃう場合だってある。昔よくあったクルーンが搭載されている台なんて、釘を締めても駄目な時はネカセや役物を変えちゃう店なんて普通にあった。当然ながら、当時は羽根物ならば役物のキズや汚れなどを日々チェックしていたのはいうまでもないこと。知り合いのFさんなんて、自分が打ち終わった台は、ネカセを変えられても分かるようにボールペンで台の隅っこを線引きしてたっけ(笑)。僕らの世代まではそんな風にして店と日々戦っていたのだ。
やっぱり後半はいつもこうなる……

話を戻そう。そう、前日夕方まで打った一台はデキもまずまずだったが、肝心の釘が足らなくて、4000個ばかりの玉を流してギブアップ。さらにその後、打った一台が今日の実戦。前日打った感触では、1800個ばかり出た玉をペロリと飲まれてしまったものの、玉の挙動を見る限り決して悪いものじゃなかった。ギリギリ蹴られてしまう玉も少なからずあったが、こんなのも逆に決まり出すと、十分戦える台に変貌するんじゃないかと思い弾いてみた。おっと、その前に、新台の何とかと言う羽根デジに500円を入れて4回転しかしなかったことを確認して羽根物のコーナーへと向かったのだった。

これが見事に500円で食い付いた。3Rながら、この少ない玉で乗り切った。13個目が初めてSPルートへ向かいV。しかしこれまた3R。そして今度は早い一発。2個目の玉がSPルートからV。少しホッとした7Rだった。よくぞ踏ん張った。次は1発目がV。そして16Rが出た。ここからは3Rを1回挟み、16Rが4連チャンしてしまった。もう安心。10回のV入賞率は驚異の1/7だった。

しかしこの後は少々手こずりV入賞率はさっきの倍の1/14まで下がってしまった。いったいどうしちゃったの!? これだから『トキオ』は分からない。ただ、ラウンドには恵まれて10回の内6回が16Rだった。お蔭で玉は増えるいっぽう。そして次はまた1/7.5まで跳ね上がった。ホントに同じ台なのか。その理由はSPルートにあり。SPからのV入賞率はいいものの、SPルートに向かう玉がやや少ない。どうしてもノーマルルートに頼りがち。

ほかの台と比較すると、かなりノーマルルートが良いのは分かったが、やはりノーマルルートはムラがあり、総合的なV入賞率に影響が出たということだろう。うん、そういうことにしておこう(笑)。 結局のところ、一日を通して1/7の状態と1/15の状態とが交互に現れ、おしなべると1/12という数字に落ち着いたのだった。しかし今日のところはとにかくデジタルに恵まれて、夕方前には早々と10000個を突破し、大変なことになるんじゃないかと飯も食わずに打ち倒した。しかしついていたのはそこまで。夕方からはデジタルも普通になり夜に掛けてはぐだぐだの展開だった。

前半がお祭りだっただけに後半はかなりしんどかったな。それでも久しぶりに閉店近くまで打った。店を出ると、雨が上がった後だった。またどうやら箱の中に居て気付かなかったみたいだ。でもまだ道は濡れているから、スローな音楽でも流しながら、ゆっくり帰るとするか……。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る