コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRクイーンズブレイド ナナエル』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 『CRクイーンズブレイド ナナエル』
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3500円746ノーマルロング
150集結
202母子の絆
196美闘志系
78ギミック美闘志系
1386疑似連二回カトレアVSアイリー
122疑似連二回・ギミックレイナVSトモエ
201保留変化(堕ちない空)美闘志系
678連打
1912トモエVSシズカ
211連打
192疑似連二回美闘志系
988保留変化・ギミックエリナVSニクス
1突確
493ノーマルロング
317赤保留・疑似連二回・ギミック・激アツボイス姉妹の絆
98突確レイナVSリスティ
217疑似連三回・ギミック・激アツボイスレイナVSアルドラ
36ギミック美闘志系
25ノーマルロング
115レインボー保留・疑似連二回・ギミック美闘志系
155終了
総投資額 3500円
総回転数 1056回
大当たり回数 21回
確変回数 6回
総出玉数 5875個
換金額 14500円
収支 11000円

家でゴロゴロしていたいのだが……

一応、これでもスマホというツールで人並のことはやっているつもりだが、そんなに依存しているわけではない。ゆえに今日から携帯は使えませんと言われれば、はいそうですかと開き直ることもできるだろうなきっと。とはいえ、辛うじてパソコンは使っても良しとして、編集部からの連絡など不便極まりないものになってしまうことだろう。

やはり時代の逆戻りはできないってことなのか。パチンコだって、派手な演出が当たり前になって久しいが、時にはシンプルな台を欲しても、結局はごく一部のプレーヤーに支持されるだけで、瞬く間にホールから消えてしまうのだ。なんとも寂しい話じゃないか。

一体全体、自分で何が言いたいのか分からなくなってきたのでそろそろ本題に入ろうと思う。
まあ大概こんな風につらつらと、いやだらだらと書いている時は、これといったネタがない時なのだ。お察しくだされ(笑)。パチのほうは相変わらずの厳しさだ。久しぶりに泣きが入るほど渋い。全国的にそうなのか、それとも打っている地域、通っている店が悪いのか。そうは言っても家でゴロゴロしている訳にはいかないのでできる範囲で店は見て回っている今日この頃だ。

お蔭でそう遠くまで行かなくとも今週はまずまず打てたといってもいいだろう。まあそれこそギリギリの釘だけど、こつこつ打ってきっちり結果が出たのは何より。

導入当初は辛いイメージしかなかった『ビッグシューターエックス』だが、探せばけっこう甘い台もある。そんな訳でこの一週間は一日を省けばずっとこの台で凌いでいたことになる。ただ心苦しいのは毎度同じ羽根物のネタを書くということだ。一応、打てるならば無理してたまにはデジタルを回さねばならないとは思っているが、羽根物よりもお店の扱いが悪いのだから、手も出せないあり様。


抜群のステージ性能!

それでも今週は一日だけ、デジタルを回すことができた。ほんの僅かではあるが。K店の新装初日のこと。意外にも人が多くて驚いたのだが、首尾よく新台に座ることができた。最近のK店では珍しくヘソがデカい。座ったのは『CRクイーンズブレイド ナナエル』。てっきり新台かと思っていたら、随分前に出た台だったのね。さっそく打ち始めると、回りのほうは上々。とにかくステージが抜群に良い。

ステージ止めだなんて久しぶりにやったような気がするぞ。ワープから入った玉しかステージには乗らないが、いまのところ問題なし。一つ心配なのは、派手目な演出と、図柄を見る限り、最も苦手とする分野かもしれない。しかし今日のところは贅沢を言ってられないのだ。3500円を投資した74回転目、ノーマルリーチがロング演出になり、そのまま当たってしまった。レアなのか、それともこんな台なのだろうか。それならば大歓迎なのだが。

スペックを見る限り、まずまず甘い台なのかなあと思っていたら、異常なほど出玉が少ない。まあなんと、アタッカーの賞球が7個しかないじゃないか。全く近頃の台ってやつは。そうなると一転、辛い台だなあといった印象になってしまった。玉も増えねばオーバー入賞すら殆どない。救いは唯一、ステージ性能がぴか一ということだけ。さてどこまで打てるだろうか。

STに入ると、15回転目、キャラが集結してめでたく大当たり。20回転目にはストーリーっぽいリーチで当たった。なんだかんだと全部で5連チャンした。その内の2回が16Rの当たりだったが、ドル箱を下ろすこともなかった。先が思いやられるぞ。

138回転目には対決系のリーチで難なく大当たり。演出も思ったほど騒がしくなく、回りさえあれば夜まで打てなくもないかなといったところ。しかしこのスペックじゃ、1000円25回やそこらじゃ厳しいはずだ。じゃぶじゃぶと玉でも増えれば別だけど。今度は16Rを1回含め、3連チャン。終わって、電チュー消化の演出で、役物が合体すれば大当たりの場面で、果たして役物が合体したのだった。「888」と揃って、STのやり直し。ここからさらに連チャンを追加できれば良かったのだが、リーチさえ掛からずあっという間に抜けてしまうとは。最近の台は通常時はやたらと煽るくせに、確変中はじりじりすることもなく終わってしまうような気がしてならない。ん〜、ちょっと違うんだよなあ。

この後も嵌ることなく、3連チャンが2回、さらに4連チャンとして、持ち玉も6000個を超えはしたが、このスペックを考えるとやはり回りのほうがおぼつかない。さあどうする。長らく考えるでもなく、打てないものは打てんのだ。ここは潔く引くことにしようじゃないか。ようするにギブアップということ。

まだまだ陽は高いので、先日預けたままの玉を引き出しに『ビッグシューターエックス』を打ちに行った。幸運にもさらに勝ちを上乗せして帰ることができたのだった。今日のところは結果オーライってことで……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る