コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR綱取物語 咲かせろ!大金星の花ッ! 99.9ばーじょん』  
 

実戦データ
店舗名 関東O店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 『CR綱取物語 咲かせろ!大金星の花ッ! 99.9ばーじょん』
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
12000258玉ナシ当たり疑似連開門チャレンジ失敗
12500248玉ナシ当たり疑似連開門チャレンジ
500115ヤメ
総投資額 25000円
総回転数 621回
大当たり回数 2回
確変回数 2回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -25000円

■今日はO店へ

それもまあよかろう。ざっと3台見比べて、門台に鍵を置いた。その後、店内を1周する。少しだけ気になる子がいたが、確証がないので素知らぬふりをしておいた。

戻っておすもうさんを打ちはじめれば、恐ろしいくらいに回らない。500円でヘソに入ったのは4個だけ。いくらなんでもと思うが、さしあたって回らないのに(確信がないのに)座り続けるのもあれだ。

ひとつ隣に移る。500円で12回転。次の500円で11回転とイケる感じからスタートした。しかし、とりたてて釘の根拠があるわけではないので、いつまで座っていられるかは、分からない(こんなパチンコばかりだな)。

2000円、3000円とまずまず我慢できる範囲で回っている。それにしてもなあにも起きない。元祖のゲーム演出ならばこれでも全然飽きないし、問題ないんだけど今風のこのゲーム性だと逆に飽き飽きしてしまう。わがままと言うなかれ。そういう昔のパチンコが好きなんだから仕方なかろう。

5000円、6000円、7000円と投資だけふくらみ、何も起きずに時間だけ過ぎる。あんまり退屈なので、缶コーヒーを買いに席を立つ。自販機のボタンを押して何気にうしろを見たら、あれまあ知っている顔が。

かつてネグラにしていたY店(当時は40玉交換)にいた常連の谷川くんじゃないか。思わず駆け寄って声を! と思ったが止めておいた。なぜならその横に寄り添うように1人の顔見知りの女性が座っていたから。えっと、彼女は確か人妻のはずだ。でも谷川くんは旦那じゃない……。まあ、つまりそういうことなのね。人生はいろいろあるよね。ここは見なかったことにしておくのが正着だろう。

そんなわけで遊技に戻る。しかしまあラチが開かないなあ。この前同様にお隣は座るや否や連チャンモードに入っているというのに、こちらはウンともすんとも言わない。確率の2倍はとっくに超えてしまい、投資もじょじょに危険水域に入ってくる。

悪いことに回りも馬脚を表してきた感じ。258回転目「開門チャレンジ」発生。そして失敗なりでピカりと光るランプ。はいはい、玉ナシの大当たりがやってきました。30回転やそこらのSTのみの当たり。

こういう時は当たらずに過ぎるもの。と思っていたらその通りになった。人生は大概、思ったようになるものだ。さて、どうするか? どこまで勝負できるだろうか。頑張れるラインはどこまでか。ともかくそれもこれも回転率しだい。

さすがに素人ではないので、展開にグズグズ文句を言っても仕方がないし、言うべきでないことはアタマではちゃんと分かっている。さてとりあえず続行していく。1000円辺り21回転くらいに落ち込みつつある。スペックからすると重いと思うが、果たしてこの店にいや近隣にこれ以上の台があるのか? そう思えば答えはノー。

重くてもしばし付き合うしか他に手はないだろう。またもや確率ラインをあっさりと超えて、連続で2倍ラインへ。まるでデジャブを見ているかのように、250回転当たりで「開門チャレンジ」発生。今度は開門成功で、連チャンゾーンに入った。さあ、これからだ! と思えない気がする。

ほら、やはり玉は一度も出ることがなく、STも時短も抜けた。それも仕方がないのだけど、思うよりも玉が減った。以前打った隣の台はむしろ微増したというのに……。上皿の半分しか玉が無かったので、玉貸しボタンを途中で押すとは。これではなあ。


■秋の気配だな

経験値が乏しい店だとこういうことは割と起こりうるもの。この出来事でやる気が失せた。このまま関わっていても、ろくなことにならない気がする。残念だがこの店では今日はここまで。

馴染みの店員さんに挨拶をしてO店をあとにする。そこからは放浪の旅へ。かなり遠くまで足を伸ばしてみたが、とくに打てるところも見つからず。まあまあの戦績だった7、8月に比べるとどうも9月は自滅街道に入ってしまっているようだ。根拠もなくバラマク気にもなれず傷心のうちに帰路に着いた。

いやあ、すっかり陽が落ちるのが早くなっている。いつのまにか外はもう真っ暗だ。あの長くて暑い一日がどこへやら。そこここに秋の気配。さすがに近隣で赤く色づく樹木はまだ見ないが、みちのくの山からはそんな便りも届きそうだ。

時は移ろい、人は老いゆく。どっこいそれでも生きていくか。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る