> > 『CRAデラックス海物語withT-ARA』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデラックス海物語withT-ARA』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 台風一過。素晴らしくさわやかな朝夕が訪れている。夜はとくに月が美しい。まさに中秋の名月。今年も満月での中秋の名月だそう。たまには空でも見上げながらのんびりゆっくりと過ごしたいものだ。

自ら光ることはできなくても、太陽の光で輝く月。実に神秘的。思えば命もそうだ。自分がこの世にあるのもすべて偶然の積み重ねによる。ひとつでも掛け違えたボタンがあれば、決してこの世に生は受けていない。無数のご先祖のたった1人の命でも欠けていたら……そう思えば生きてこの世にあるということはどんなに言葉を使っても語れないくらいのことなんだろう。

たまには、そんなことを意識してみることも悪いことではなかろう。ともかく限りがあるものは大事にしないといけない。その最たるものが命なんだね。それを輝かせるためには、何をどうすべきか。好きなことに打ち込むのもその一つ。

そういう意味では冬月にとっての音楽活動もそうなのかもしれないなあ。生憎の悪天候の休日だったけど、都内某所のライブハウスは超満員になった。777からも編集長のファイトくん、佐々木師匠、ミナヤンも応援に来てくれ、以前編集部にいたアニキはカメラマンまでやってくれて感激しきり。

ライブ音源を聴いた感じでは、演奏もまあ自分たちのちからの範囲で言えばベストテイクだったと思う。それにしても改めて音楽と友だちは世界の宝物に間違いない。幸い、その後の風邪も抜けて体調もほぼ万全になった。さあ新しいシーズンに向けて頑張らないとな。

そんな訳で朝早く起きて、諸々を片付けてホールに向かった。さっぱりアケないアケないと愚痴ばかりのI店(等価)。朝イチで行ったけど今日もダメだった。打てる台は見つからない。うーむ、後から来たリュウジくんに別れを告げてさっさとI店を出る。

向かうはO店(等価)。最近また覗くようになった近隣の店。3回行って3回とも負けているが、我慢をすれば打てる範囲の台がないわけではない。いずれ出るだろう。そもそも店や台、機種との「相性」なんてのは存在しない(と思っている)。そりゃあ結果としては、あるけど理論的にはない。理論的になければないと思わないとこういう稼業ではやっていけないものだ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る