コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチンコCR弾球黙示録カイジ沼2 ざわ』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 パチンコCR弾球黙示録カイジ沼2 ざわ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
350063
3000649擬似イチゴタバコ看破
354
98赤エフェクト
1387擬似運否天賦
122四面楚歌ダイジェスト
29カイジ
2811イチゴ魔界
45赤札
74
364擬似キレパンダ
348ルーレット鉄骨
23カイジ
15カイジ
27激アツティシュ
5500
516イチゴ柄運否天賦麻雀
15010運命
12カイジヒヨコ
433救いの光
175
4110
29857疑似
406キレパンダノーマル
52ダイジェスト
156擬似麻雀
21ギロチン
134擬似イーカード
1972
23142タバコ
2559擬似運否天賦
127ノーマル
6110
327執行
28316玉ナシ
15赤文字ダイアル
33やめ
150032
総投資額 8000円
総回転数 1937回
大当たり回数 34回
確変回数 ***回
総出玉数 2476個
換金額 9904円
収支 1904円

■最初だけ

そして早口兄ちゃんも来たので、この業界界隈に関する雑談をしているうちにすぐに時間となった。I店に来て以来ずっと1人で過ごしてきたので、相手をしてくれる人がいるのはありがたいことだ。車で来ているのでなければ、パチが終わったら一杯飲みたい感じも漂うが、かつて実現したことはない。

そんなわけで、いつもより少しだけテンポを早くして店内を見て行くも、全然ぱっとしない。この日にはアケてくれていた冬月好みの機種も全然ダメ。それでも「郷ひろみ」はなんとか打てそうなのでとりあえず鍵を置いた。あとは今いちパッとしない。予算も苦しいんだろうなあ。

座って打ち出すヒロミゴーだが、どうにも玉の動きが悪い。ステージに行く玉も少ない。どこか叩かれたのか?とマジマジと見たが分からない。でも明らかにいつもの動きではない。この店は時々こういう細かい調整をしてくる。そしてステージのネカセやら何やら、一度悪くなったらもうそれを戻すことはしない。

とりあえず3500円を迷いつつも打ったが、早々とヤメておいた。もう一台の候補……というほどでもないが、この店ではほとんど打っていない『カイジ』に移った。昨日の釘とは違うと言う理由。しかし元々寄り悪の印象があり大きな期待はできないだろう。

朝イチなので誰も打ってはいない。カードを差し替えて打ち出すと、思ったよりもいい感じ。やはり細かいいじり調整をしているのかもしれない。1000円で20回転はなんとか超えそうだ。うまくすればもう少しは。

3000円を投下したところで、疑似連が成立。背景にイチゴ柄が出て「タバコ予告」。これは激アツのコラボ。ということで「看破」のアクションから揃ったのは「999」。これがなんと奇跡のごとく冒頭から14連チャンの快挙。

こんなに継続率が高いスペックではないはずだが、まあいいや。たまにはこういうことがあっても。いつも裏ばっかり食らっているわけだから。出玉は少なめだが、さすがに14連チャンだとまとまった玉になる。

出玉は5500個といったところだろう。今日はひょっとしてひょっとするのか? しないのか? 連チャンが終わったところでイチゴ柄から麻雀勝負で「666」。でもこれは単発の通常当たり。出玉は少ない。

3回目の初当たりは150回転とまずまずのところ。運命アクションから何かが揃った。これは確変だったようで、電チューサポート継続。4回続いたところでおしまい。久しぶりに見た「ヒヨコ」が可愛い。ST機種の前身機は実によく打ったことを思い出す。右打ち時はコツコツと合わせ打ちをすることで、余録が随分もらえた。

高尾の台の演出は複雑で分かりにくいものが多いのだが、前身機は打てば打つほど法則性が分かる深みがあった。この子はまだよく分からない。打ち込めばそれなりに味が出るはずだが、昨今は続けて打たせてくれるほどお店自体に余裕がないのだ。

4回目の当たりは遠い。確率ラインをあっさりと超えて、2倍ラインも。そして鬼門の3倍ラインでようやく決着。しかしこれもありがちな単発だったがすぐに当たりがやってきた。キレパンダが出たような気がするのだが、ノーマル段階でそのまま「666」。7連チャンとやや盛り返すものの、朝イチの出玉には戻らない。


■やはりダメだあ

後半はしかし、泣かず飛ばすそのもの。はまって単発が続けば持ち玉はあっという間に減る。しかも回りも今ひとつ。打てなくはないが、夜まで最後まで打ち続けるほどでもない。なんだかやる気も失せてきた。

負け続きの日々で一発挽回したい気持ちは山々だが、この回りでは返り討ちにあっても文句は言えない。よってわずかに残った玉を流してヤメにする。気になる台に1500円を寄付して家路につく。

早口兄ちゃんにもらった冷たいお茶を飲みながら、まだ日は高いけど帰ろう。リュウジくんは某機種でコツコツ頑張っている。アメリカの子どもじゃないが「bye-bye」をしてI店を去る。

うーむ。2013年後半……またもや困った日々ばかりだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る