コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPL』  
 

実戦データ
店舗名 関東O店
換金率 等価
遊技ルール
機種名 CRリング 呪いの7日間FPL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 14500円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 11593個
換金額 46372円
収支 31872円

連チャンしたが……

先週からボチボチと打てそうな台に目星をつけてある。とはいうものの、どれを打っても展開次第ではあることは否定できない。大きなはまりに耐えて打ち切るほどの台はなかなか見つけられない。

しかし、以前に比較すると釘が多少なりとも動いているように思える。まずはここが肝心。万年釘だと話にならない。開店から30分遅れでもまだ人はまばら。1パチコーナーはそれなりに人はいるが、ほかはさっぱり。新台のシマに数人いるだけだ。

近隣は、どこもこんな感じの店ばかりだ。さてと、まずはマックスのシマから見ていくと、釘の動きはない。ミドルもない……と思いきや。気になる調整があった。『リング・ミドル』がすでにボロボロの盤面だが、先週みた時よりもヘソがわずかに調整されている。

とりあえずバンダナを置いて、ほかをぐるぐると回る。羽根物の設置も結構あるので、機会があったら打ってみようと思うが、役モノのクセやらストロークやら何やら把握するまでに派手にバラマキをしてしまう可能性大なので、とりあえずパス。

甘デジに打てそうな台があったが、ちょっと『貞子』に興味があるので触ってみよう。マックスではないので、継続率と出玉がややショボイが、かつてよく打っていた1/300程度の初当たりはやはり気持ちが軽い。

打ち出すと、意外なほどステージからの玉の決まりがある。1000円20個はなんとか超えそうだ。しばし様子を見つつ続行していく。ほどなくすると、電話ベルの疑似連が掛かった。1回や2回では意味がないが、3回目が金色になった。これはチャンスだろう。

そこから確か片手が落ちてスーパーへ。デンジャー柄が出なかったので、ダメかと思う。案の定リーチはハズレ。しかし、アタッカーがパカパカ。ランプ点灯で玉ナシSTに当選いですと。

さあ、引ければうれしの高確率。引かないときは全く引かない(コレアタリマエ)。電チューサポートがないので、保留2個止めくらいで打っていく。20回転30回転、40回転と時折、高確率を示唆する熱めの演出は出るが、当たりには結びつかず。

嫌な感じで50回転を超えた。60回転に差し掛かればもはや絶望の気持ちに(みんななるでしょ?)。しかしこのところのフヅキに天の恵みが。61回転で金色エフェクトと待望のデンジャー柄が出て、貞子終焉リーチへ発展。これで当たらなければ何が当たるというのだ!

一端外れたたが、ドカンと両手が落ちてきて「222」。ああ、良かった。ここまで12000円は食いつきとしては安いほうだろう。電チューサポートに入ると、すぐに両手がギャーっと落ちてきて「111」が「777」へ。よしよし。

レギュラーとビッグを合わせて、いい感じで当たりが続く。しかし、思ったよりも遙かに「余録」が取れない。ラウンド中の屋根打ちも今ひとつ。ストロークは決まるのだが、いかんせんアタッカーで直前にこぼれてしまう。

そして何よりも電チューの拾いが悪く、じりじりと玉が減る。こういう帳尻なわけだね。まあ当たりが続いている内はいいんだけどさ、それでも。結局一撃10500個もの玉が出たところで連チャンは終わり。レギュラーが多かったので、玉はそれほどない。


虫の声

そしてしばし続行していくが、1000円20個いったりきたり。玉が増やせればこれでもいいが、自分の腕ではキツい。迷った時は止めるに限る。とりあえずカードに玉を入れて席を立つ。

その後は気になった甘デジを打って、2000個ほどを上乗せ?して夕方に至る。運の要素も強いが、まあ夕方まで頑張ったのだから今日のところはこれでいいだろうと思う。

外に出れば、いやはやもう夜のとばりが降りかかっているではないか。やっぱり物寂しくて仕方がない。とぼとぼと車まで歩くと、足下に虫の声。いやはや今年初めて聞いた。随分早いなあ〜。空耳かなあ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る