> > 『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』 他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』 他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 特定秘密保全法案だの、汚染水は外洋に漏れているだの、いつもながらのきな臭いニュースばかり。その法案に反対の表明をした藤原紀香さんは、公安警察が何か特別な調査をしたという。まあ、およそまともとは思えないような報道もあった。と思えば、児童虐待死だの、ダブル台風だの……気持ちが沈むようなことばかりの世情。

そして自分の身の回りでも極めてがっくりする出来事がひとつ起きている。いつもながらの見通しの甘さがそれを招いたわけだが、どうにも立ち上がれないくらいのがっくり感。自分のこれからの生き方に関わる大きな出来事だけに、困っている。

しかし、マイケルジョーダンが言ったように「運命よ、そこをどけ。オレが通る」という気持ちで臨もうと思う。それしかない。とりあえずできる手はこれから、できる範囲でうっていくつもりだ。中身はここに詳しくは書けないが、読者のみなさんには、この拙コラムを今後、読んでいただくことで「応援」していただければと思う。冬月も頑張るのでよろしくお願いします。

さて、本題に。数少ないカレンダーから見ると今日は打てる日。しかも取材などのスケジュールもかぶっていないという絶好の日を迎えた。連敗続きなので、今日こそはなんとかしたいところ。まずは朝早く起きて、やるべき原稿などをカタカタと仕上げてから。しかるべきところに寄って、資金を下ろした。

I店(等価)に着いたのは、開店よりも1時間ほど前。やる気のほどが分かるというもの(笑)。先客は気のいい兄ちゃんほか数人。前から5人といったところ。ほどなくするとリュウジくんや帽子くんや早口小僧もやってきたので、格調の低い話をしながら開店を待った。以前も書いたが、こうして話ができる知り合いが増えるというのは精神的には助かるものだ。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る