コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ 仮面ライダーV3 』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこ仮面ライダーV3
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1000円122赤保留・エアーバイブV3
217怪人強攻撃
1562赤保留・デストロン壊滅作戦・フラッシュトリプルライダー
126赤保留・加速(赤)・ライダーマン並走V3パンチ
102V3パンチ
637ゼブラ保留・フラッシュ・サプライズボタン(MAX)V3キック
8177図柄煽りダブルライダー
8477図柄煽りV3
67V3マッハキック
6971号並走・紫保留加速(爆走)
316ライダーマン
155戦闘員保留怪人強攻撃
284V3パンチ
1271紫保留・フラッシュ1号潜入
587突確紫保留2号潜入
491赤保留・ライダーマン並走接戦
256ライダーマン並走・レインボーエフェクト加速(爆走)
802ダブルタイフーン
67戦闘員保留・エアーバイブ・Pフラッシュトリプルライダー
94紫保留ライダーマン
77赤保留・1号並走・加速(赤)怪人強攻撃
692戦闘員保留・ゼブラ柄タイトル接戦
167赤保留・サプライズボタン(MAX)怪人強攻撃
434突確緑保留・金扉1号潜入
267トリプルライダー並走・Pフラッシュトリプルアタック
272怪人強攻撃
555赤保留V3パンチ
537赤保留・エアーバイブ・フラッシュ・PフラッシュV3マッハキック
617ダブルライダー並走・フラッシュ・サプライズボタン(MAX)V3キック
5371号並走・赤保留加速(爆走)
222ゼブラ柄タイトルライダーマン
57V3パンチ
167ライダーマン並走・ゼブラ柄タイトル・サプライズボタン(MAX)ダブルアタック
6612ゼブラ柄保留・フラッシュ・V3衝撃カットイントリプルライダー
716ゼブラ柄タイトルライダーマン
87終了
総投資額 1000円
総回転数 3135回
大当たり回数 35回
確変回数 6回
総出玉数 22318個
換金額 55500円
収支 54500円

リーチ一発!

さて本日も、いつものように『ぱちんこ 仮面ライダーV3』だ。こっちもバイクなので、せめてパチぐらいは上手でありたい(笑)。 近頃またちょくちょく通えるようになったK店だが、打てる台はこれ以外見当たらない。一応、全体をざっくり見て回ったが、以前のようにあれもこれもと食指が動くようなことはない。それはそれで1台に集中できるとはいえ、その1台が駄目な時はそくお帰りという憂き目にあう。

今日のこの台はどんなものかしらと、おそるおそるハンドルを捻ると、12回転目に早くも保留が赤く変化。しかし同じ赤でも、丸くなるやつではなく、通常の保留に赤のオーラをまとうもの。過去に何度か見ているが、丸いのに比べると信頼度は低めなのか、これまでも幾度となく外しているからドキッとするほどじゃない。

しかしこれが「V3」のカットインが発生し、そこそこ熱いのかと思った瞬間、ハンドルから「エアーバイブ」が出たではないか。「V3」リーチへと発展し、当然ながら大当たりとなった。使ったお金は僅かに1000円なり。相変わらず乗れているというか、得体の知れない何かが宿っているというか、とにかく初当たりに関しても連チャンに関しても、まあよく当たること。STに入ると21回転目には「怪人強攻撃」から見事攻撃を避け、「111」。これが「777」へと昇格し、まずは一安心といったところ。

35回転目には「加速予告」が赤まで到達し、同時に「サプライズボタン」が発動しLV1、LV2と、上昇。しかし激アツ予告もLV2止まりで「V3チョップ」の弱い攻撃で外れてしまった。ん〜、この後もいいところでテンパイするものの、当たりには至らず、結局この2回でSTは終わってしまった。さすがにドル箱一つは寂しいかぎり。

回りは、きっと1000円25ぐらいのギリギリのところだろうから、早めに当たってくれないことには、厳しい展開が予想される。さて、飲まれた場合、どこまで勝負できるだろうか。打ってる最中は常に気持ちはネガティブなほうに傾くのだ。156回転目、保留が丸い紫に変化した。意外に当たらないので、さらなる発展を願っていると、きたきた、ドキッとするような真赤な保留に変化。

「デストロン壊滅作戦」、さらには「フラッシュ予告」も発生。これがなんと、「トリプルライダー」リーチへと発展し、ボタンプッシュと共に、「ハイパーV3スパーク」が完成し当たった。初回の当たりはほとんどが4Rなので、とにかく連チャンし16Rが出ることを願うばかり。当然ながらなかなかどうしてハードルの高い台なのだ。

まずは12回転目、早くも保留が赤に変わり「V3パンチ」から大当たり。しかし「666」の図柄は動かぬまま4Rが確定。次も早い一発はわずか10回転目、これまた先ほどと同じ展開から当たり「222」。今度こそ、昇格するかと思えば、がっかりするような4Rの2連チャンだった。

そして早い当たりのあとはSTも後半へと突入し、追いつめられる。63回転目、ようやく保留が変化。ここからさらに変化し「ゼブラ柄」の保留になった。これまでST中のゼブラは、タイトル文字も含めてすべて当たっているので、安心していいだろう。きっと鉄板だと思うので。これが連チャン中は大チャンスとなるフラッシュ予告も発生し、さらに「サプライズボタン」も「MAX」まで到達。この演出も例えLV1でも当たりさえすれば16R確定なのではないだろうか。

これが「111」と当たり、さらに「777」へと昇格した。まだまだ一息つける状況じゃないが、これにて4連チャン達成。しかし次もあっという間にSTは後半に突入。60、70、80とカウントダウンが始まり、さすがにもう万事休すといったところ。いや、まだ閉店を迎えたわけじゃないから万事じゃないか。まあいずれにしても電サポは途切れ、残すはあと4回転だけとなった。


勝負強いなあオレ……

81回転目、通常画面に戻ったところ、何やら騒々しい雰囲気。赤いエフェクトや、ナイフ、オノなどが次々と画面に突き刺さった。これは! と思ったところへ、左図柄に「7」がピタリと止まった。ここで煽りが発生し、めでたく両図柄に「7」がテンパイしたのだった。そして「ダブルタイフーン」が発動し「ダブルライダー」リーチで大当たりとなった。これはもう「痺れる!」の一言に尽きる。

ここからさらに連チャンが始まり、お次は21回転目に「2号並走」予告からテンパイし、「V3チョップ」ながら当たり、と思いきやまさかの外れとは。フラッシュ予告も発動したというのに残念だ。結局、今度もSTはカウントダウンを迎え、電サポも途切れ残り4回転となってしまった。81、82、さすがに幾らなんでももう無理だろう。

83、そして最後の84回転目を迎えたところで奇跡は起こった。再び「7」図柄がテンパイしたのだった。いつからオレ、こんな勝負強くなったのだ!? これを境にとうとう11連チャンまで伸びた。ただ、16Rは5回だけだったので持ち玉は全部で13500個ほど。まあ十分といえば十分だ。

そろそろ嵌ってもおかしくない頃合いだったが、次の当たりも早々とやってきた。わずか127回転目、保留が紫に変化し、「1号潜入」演出から「111」と揃ってしまい、本日何度目かの驚き。しかし今度は単発に終わる。まあこんなもんか。

朝から立て続けに早い当たりが3発きただけに、そろそろ深いのを覚悟していると、400、500と、時折保留が青に変化する以外は目立った動きはなし。それでも587回転目、保留が紫に変化。ふ〜ん、なんて見ていると、あら珍しい「2号潜入」から突確をゲットしてきたぞ。電サポが付いたので右打ちで消化していると、49回転目に無事当たりがやってきた。さらに、25回と続き、80回転目には電サポが終了と同時にギミックが発動し、そのまま当たってしまった。なんだかんだと8連チャンまで伸びたのだった。

この後も結局、嵌り知らずで、434回転目には「金」の扉が閉まり突確をゲットし、9連チャン。そろそろ帰り支度を始めた661回転目には保留が「ゼブラ柄」に変わって当たった。まずいな、長引くと厄介だなと思っていたら僅かに2連チャンで終了とは。電サポが終わり、一発も弾くことなく今日という日に終わりを告げた。
外に出ればもうすっかり冬の気配。やがてやってくる真冬の季節。今のうちに懐だけでも暖かくしておかなくちゃ……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る