コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR綱取物語 咲かせろ!大金星の花ッ! 99.9ばーじょん』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東O店 他
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR綱取物語 咲かせろ!大金星の花ッ! 99.9ばーじょん
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 27000円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 ***個
換金額 ***円
収支 -12500円

■綱取り

とはいえ、焦ることもなかろう。釘を見て座るおじさんが1人いるだけだ。しかし、このおじさんが甘デジ専門で、よく台がかぶることがある。しかし、自分1人でやっているのではないから、文句は言うまい。向こうも冬月のことをそんな風に思っているだろうし。

案の定、打てそうな台の1台はおじさんに押さえられた。まあ、それとて大したものではないと思う。全体にシメ傾向の本日。しかしながら、わずかに釘が動いている。こういう日はかえって危ない。打たずに帰るのが1番というほどでもなく、さりとてこれだ!という台もない。いっそオールシメ体制の方がスッキリするのだが、などと心の中でつぶやきながら回遊していく。

また、悪いことにアケ傾向の台は、今まであまり打ったことがないものが多い。この際だから打ってみるかとばかりに甘デジ数台に2500円ばかりばら撒くが話にならない。

基本ゲージが辛い台は、少々のアケでは足りないなり。あまり好きではない『AKB』にも座ってみるが、スタートは1000円20個そこそこそれ以上あっても、唖然とするほど回らない瞬間もあり、トータルではやはり打てない感じ。

結局、7000円ばかりばら撒いて、当たりはおろか予告も釘も何も見るべきものもなく悲しく撤収となる。帰り際に後からきたリュウジくんに別れを告げて店を出る。次に向かうはO店(等価)。

昼まえに着くも、1パチコーナーを除けば店内はガラガラ。ぱっと見の釘はさほど悪くないのに、ご同業と思われる人たちは皆無。つまりはそういったことか。うーむ、でも何かは打てないだろうか? この際だからぜいたくは言わない。とはいえ沢山ある台をやたらと打ち回るわけにもいかない。過去の少ない経験からまず座ったのは、『綱取り物語』。

打ち始めは1000円22個くらい。これならなあ〜と思うがやはり回らないシーズンも度々訪れる。やはりダメかと腰を上げようとした時に、疑似連が3回きた。赤いエフェクトになって、バルトとの対決。軍配役モノも作動した。あれ? ハズレかい。そんなわけもなく再始動して大当たりとなった。

しかも、昇格アクションが発生してのっけから15Rとなった。これってヘソからは2%くらいしかない当たりだから、珍しくも薄いところをひいてきたものだ。メデタシメタシ。とはいうものの、この機種は10回転の電チューサポートで1/33を引かないとゾーンには入らないので、ある意味難関。

初当たり3〜4回に1回程度引ければ上等ということか。それにしてもアタッカーが悪い。オーバー入賞なんて夢のまた夢。打ちっ放しするしかないくらい拾わない。がっかりだなあ、この前は悪くなかったのに。そして10回転は何もなくスルー。

しかし、潜伏しているギリギリの段階で、もう一回の当たり。10回転の間に一度赤エフェクトからの「開門チャレンジ」が発生して期待したが、成功ならず。わずかな玉だが貴重な当たりだ。大事に打っていくが、3回目、4回目そして5回目の初当たりもダメ。6回目は当たらず。回りからも展開からもこれ以上は打てない。

その後、数台を打ち回るが、どれも最初はある程度見た目どおりに回るが、トータルではやはり打てない感じ。結局、あちこち打ってたまに単発で当たったわずかな出玉を流して、夕方前には悲しい撤退となる。まったく連チャンとか確変には縁がないのだ。結果はあとから付いてくるというのは勝負の鉄則だが、それは過程に意味がある場合の言葉。


■悲しい

勝負の経過そのものに意味がない場合は、ただの運否天賦の勝負で「当たったかどうか、玉が出たかどうか」だけのことになりやすい。とはいうものの、あまりのフヅキっぷりに、たまにはマグレでも出てくれてもいいだろうともふと思う。その気配すらないのだから困ったものだ。

そして「もうこの先ずっと玉は出せない」という思い。そしてそれ以上に「打てる店がない」という恐ろしい事実。本当に悲しい気持ちになっている。いかん、いかん。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る