コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデビルマン倶楽部』他  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAデビルマン倶楽部
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 3000円
総回転数 ***
大当たり回数 21回
確変回数 ***
総出玉数 5043個
換金額 20000円
収支 17000円

打たずに帰れないものだろうか・・・・・・

まずは、近頃ちょくちょく通わせてもらっているお店から。最近にしては珍しく釘がよく動くお店なのだ。どんな理由であれ、釘が動くというのはいいものなのだ。それだけでも毎日朝から通う理由づけになる。今日はといえば、マックスコーナーに若干の動きあり。しかし以前にも打ったことのある台で、あの時よりも幾分ヘソは小さ目。あの時ですら、ぎりぎりだったことを思うと、ちょっとこの釘では手を出せないと思う。一瞬、釘に反応して座りかけたがやめておいた。

ぐるっと店内を一周するも、ラッキーというべきか、今日はこれといった台はなし。そうは言っても、一発も打たずに店を出るのも気が引けるというもの。だいいち、次なる店というものがない。そうなると、後学のために打っておきたい台が一台ある。これまで一度たりとも触ったことのない、『CRAデラックス海物語withT−ARA』だ。どうもこれまで、ヘソががっつり開いてないと回らないというイメージがあった。

今日だって、決してがっつりは開いてないが、さっきも言ったように後学のためということで弾いてみようと思った。さっそく打ち始めると、なかなかどうしてステージからの入賞が思いのほかあるじゃないか。さすがは羽根デジというべきか、早くも当たりがやってきた。14回転目、ノーマルリーチから「サメ」がピタリと止まった。たまに打つ『海物語』はいいもんだ。幾度となくモデルチェンジしようが、この辺の出来栄えは不変的なもの。STでは当たらなかったが、時短に入った15回転目、魚群が出現し「珊瑚礁」リーチで「555」と三つ揃った。ここからST1回転目に「キュイーン」と鳴って「999」。更にST抜けの時短でまた当たり、その後のSTでも連チャンし、全部で5連チャン達成。

ひょっとしたらやれちゃうかもしれないぞ。もう眠気なんて何処へら。持ち玉も十分とはいえないが、回りを確認するうえでは事足りるものだろう。その回りも、持ち玉になると、ステージはかなり良い雰囲気のままだが、横からの入賞というものが心許ない。時折1000円20回を切るような回りもあり、あっという間に半分ほど飲まれてしまった。

ストロークにも問題ありなのだろうか。いつ打っても『海物語』のストロークにはベストというものがない、と個人的には思う。常にベターで、その時々でストロークを微妙に変化させねばいけない機種だということ。後半、少し強めに打つ位置を変えると、随分と回りが上がった。しかし残念ながら、持ち玉は底をついてしまった。さあ、どうしようか。打てるといえば打てるであろうし、もう少し欲張りたいという思いもある。暫く考えた末、今日のところはここで引こうと思う。できれば、ここからひと開けされた時にでも喜んで打つことにしようじゃないか。


やっぱり楽しいなあ、羽根物って・・・・・・

ここからはあてのない店回りの始まりだ。数軒回った午後。そういえば昨日の夜中辺りから無性に腹が減っていたのを今になって思い出した。ちょっとここらで小休止。いつものように勤め人よりは遅い時間に昼飯をとり、第2ラウンド開始という段階になって睡魔が襲ってきた。殆ど寝ていないのだから当然である。パチ屋の駐車場に着いた途端、不覚にも寝てしまった。いや、シートを倒して寝たのだから不覚じゃないだろう。

どのくらい寝たのだろうか。足元が寒くて目が覚めた。既に陽が沈みかけていた。すわとばかりに飛び起きて、現実と向き合う。そうだった、店を見て回っていたのだ。暫くぼうっと佇んだあと、目を擦りながら店に入った。何かのあてがあったのか、偶然通りかかったのかは瞬時に思い出せなかったが、店に入って『CRAデビルマン倶楽部』を見て思い出した。あ〜、そうだった、たまには羽根物でも覗いてみようかと思ったのだった。

釘を見ると、ヘソは微妙ながらも、落としはかなり前に見た時よりも随分と開けになっていた。役物の癖も悪くなかったはず。ならばと、迷いもなく打ち始めると、落とし以上にヘソにも入賞がある。1500円ばかり使ってしまったが、王道ルートからぴったりと狙ったかのように(笑)、V入賞した。ラウンドも大きいほう。しかしラウンド中、ヘソへの入賞がなく連チャンも叶わなかった。

やれると思ったはずが、16Rの当たりでヘソに一発も入賞がないとなると致命的である。それでも次は5発目の玉がピンボールのようなイレギュラーでVゾーンに吸い込まれた。今度は8Rだった。今度はそのラウンド間にヘソの入賞があり、羽根開放に合わせ10個目が上手く拾われて、ラウンド後にはぴったりVゾーンの位置が合った。

2開放目の玉が上手く拾われたらV入賞の大チャンス。果たして、2開放目に玉が拾われ連チャン。今度は16Rだった。これを境にラウンド間もしっかりヘソに入るようになった。8Rでもほぼ5R辺りでヘソに入るという理想の展開。数時間のうちにあっという間に5000個ばかりの玉が出来上がったのだった。

今日はもうこれで十分だ。今度朝から何もない時にでもがっつり打たせて貰うとしよう。体力的にも限界で、家に帰って倒れ込むように眠りについたのだった。もういい歳なんだから徹夜は止めにしようと、今年になって幾度目かの誓いをたてたのだった・・・・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る