> > 『ぱちんこAKB48』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 世情はいろいろあれども私的生活では、いよいよ銀色のシーズンが始まった。これを楽しみに一年があるようなもので、冬月にとっては「お祭り」のようなものだ。しかし、秘密保護法案制定の動きや4号機の燃料棒取り出し作業など、大きなトピックがある上に、私的にも色々なことが重なっており今ひとつ気合いが入らないのが実情。

冬月のごとき小人が色々わめいても世の中にはほとんど影響を及ぼさないのは重々承知だが、尊敬するキング牧師が「最後に思い出すのは悪人の言葉ではない。友人の沈黙である」とおっしゃるので多少なりとも声を上げることにしている。

と、そんなことも考えながら、朝からアホ面下げてパチ屋に並ぶという矛盾。故・田山幸憲プロならば「ジクジたる思い」と言うに固くない。とはいえ、その朝から並ぶというコトすらもできないぐらい色々ある昨今。

ようやく一日打てるがやってきたが、あいにく馴染みのI店は店休日にあたっている。何をやっても間が悪い冬月である。大体、人生のほとんどがそんな感じになっているような気もするようなそうでもないような。

仕方ない思いでO店(等価)に向かう。開店時刻ちょうどくらいに行ってみると、なんと並んでいる人は2人だけ。驚きの少なさ。誰もいないに等しい。繁盛していた時は、少なくても30人以上はどんな時でもいたというのに。これまた世相の反映か。給料も上がらず、来年からは消費税も上がる予定であり、先行きは暗いままだ。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る